土屋太鳳 2種類のイヤリングつけかえ…その心配りに絶賛の声

土屋太鳳(24)が5月19日、東京競馬場で開催された第80回「オークス」(GI)に出席。レース当日に表彰式のプレゼンターを務め、その後はトークショーを行った。そこで土屋が2種類のイヤリングをつけかえたことについて、ファンから注目が集まっている。

 

JRA主催の「スぺホリ!」イベントでは、「HOLIDAYSコーデ」という参加型イベントが恒例で行われる。メインレースにちなんだアイテムをファッションに取り入れるもので、今回は速くて強い牝馬を意味する「オークス」にちなんで「花柄」がテーマとされた。

 

レース前日、土屋は2種類のイヤリングを並べた写真をインスタに投稿。当日、どちらをつけようか迷っている様子を見せていた。その投稿に対して、ファンからは《どちらも捨てがたい》《イヤリングどちらも可愛すぎる》《どっちつけてくるかな??》などの声が寄せられていた。

 

5月21日インスタに投稿された土屋の報告ではレースで優勝した牝馬「ラヴズオンリーユー」を称え、“オークス・コーデ”で出席したことが綴られた。さらに迷っていたイヤリングについては、ファンからのコメントを直前まで読んで考えたという。そして《たくさんのオススメ、ありがとうございました…!!!》とファンへ感謝の気持ちを表し、表彰式とトークショーでイヤリングをつけかえたことを明かしたのだ。

 

土屋はJRAのCMに起用されて今年で3年目となる。

 

《私達のために両方ともつけてくれたのですね》
《太鳳ちゃん優しい》
《太鳳ちゃんの想いが伝わってきます》
《ファンの気持ちを汲んでくれて、有難う御座いました》

 

ファンの声に耳を傾け、イヤリングを両方つけた土屋。その対応に絶賛する声が続々と上がった。

関連カテゴリー:
関連タグ: