ふかわりょうの曲が胸を打つ理由 とんぶりの唄にこめた思い

秋田県大館市の特産品である「とんぶり」の応援大使にタレント・ふかわりょう(44)が任命されたと、大館市の公式サイトで発表された。Twitterでは《凄い》《嬉しい》《ワクワクします》と歓喜の声があがっている。

 

「とんぶり」とは、秋田県大館市を国内唯一の生産地とする農作物。ふかわはレギュラー出演している「5時に夢中!」(TOKYO MX)の番組内で「とんぶり」と出会い、それ以降自身のブログやTwitterで紹介し続けている。

 

またふかわは誰にも頼まれていないにもかかわらず、「とんぶりの唄」を作曲したという。理由は「とんぶり」が昔の厳しい食糧事情の中で生まれた食べ物であること、そして生産農家が減少している現状を知って居たたまれなくなったためだ。ふかわは3月3日、自身のブログにこうつづっている。

 

《僕自身、その時まで知らなかったくらいですから、決して認知度が高いわけではありません。それが農家さんの後継者不足に繋がり、今ではごく一部でしか栽培されなくなってしまいました。このままでは絶滅してしまうかもしれない。そういった背景を知るにあたって、僕のとんぶりに対する気持ちが膨らみ、居ても立ってもいられなくなり》

 

「ROCKETMAN」名義で音楽活動をしているふかわは《感情が音楽の原点》ととらえ、「とんぶり」を普及させたいという思いで楽曲制作に発展させた。こうしたふかわの自発的な活動に対して、秋田県出身のシンガーソングライター・高橋優(35)からも《応援ソング、感動しました》とTwitterからメッセージが寄せられている。

 

このようなふかわの自発的な活動は今回が初めてではない。11年の東日本大震災発生直後にも自ら代々木公園で街頭募金活動を行い、集まった募金を義援金として被災地へ寄付。募金報告のブログには100件以上のコメントが寄せられた。さらにシンガーソングライター・川嶋あい(33)をボーカルに迎え、復興支援曲「それでも僕たちは生きてゆく」を作曲。世界23カ国に無料配信を行った。

 

ブログ開設時に「誰かがいつかやってくれる」という時は待っていてもやってこないとつづったふかわ。曲作りを通じて自分ができることを最大限に行動に移していく彼に《そのセンスを温かく人を繋ぐことに使われてるのが素敵です》と称賛する声もあがっている。

関連カテゴリー: