上戸彩語っていた働く母の覚悟「子供に胸張れる仕事を…」

上戸彩(33)が第2子を妊娠中であると6月11日に発表された。来月に出産予定ということもあり、ネットでは突然のビッグニュースに喜びの声が上がっている。

 

各メディアによると上戸は夫であるEXILE HIRO(50)とともに連名で「この度、第2子を授かることができましたのでご報告させていただきます」と発表。さらに「第1子の娘の成長と共に、家族の尊さ、大切さを改めて感じながら日々暮らしてきた中、来月には新たな家族が増える事にとても感動しています」と喜びをつづったという。

 

上戸はHIROと12年9月に結婚し、15年8月に第1子となる長女を出産。Twitterでは再びの吉報に歓喜する声が上がっている。

 

《上戸彩ちゃん二人目か~ってボケーッとしてたら来月出産予定でびびった おめでとうございます》
《上戸彩第二子!!! おめでとうございます~羨ましい~羨ましい~》
《ビッグニュースです 上戸彩さんに第2子が出来ます! 本当におめでとうございます! 元気な子供を産んで下さい》

 

08年にチャイルドケアの資格を取得するほど子供好きだという上戸。今年3月に出演した「TOKIOカケル」(フジテレビ系)でも子育てエピソードについて語っており、ママライフを満喫している様子がうかがえた。

 

そんな上戸は17年公開の映画「昼顔」公開当時、本誌で「昔は、自分の人格じゃないものを演じる女優という仕事が大嫌いで。ウソつきって思っていたんです」と告白。しかし同作で不倫に手を染める主婦という難役を演じたことによって「今は、演じる意味やおもしろさみたいなものもわかってきましたし、いい意味で、みなさんの期待を裏切っていきたいと思います」と心境の変化を明かしていた。

 

この映画は、上戸にとって第1子出産からの復帰作でもあった。仕事をする母としての覚悟にも、大きな変化があったという。当時、彼女はこうも語っていた。

 

「じつは私、出産後は、子どもが喜んでくれるような作品をやりたいと思ったことがありました。でも、こうして女優として復帰して、それは違うな、と。自分の仕事を子どもに胸を張って主張できることが何よりも大事だと思うんです。この映画はそれができる作品になったと思いますし、女優として一段上がることができたような気がしています」

 

第2子誕生で、女優としてもさらなる活躍に期待できそうだ。

関連カテゴリー: