KANA-BOONメンバー失踪…直前に千眼美子が意味深投稿

KANA-BOONの飯田祐馬(28)が音信不通状態になっていると6月13日、バンドの公式サイトで発表された。そんななか、飯田と過去、16年1月まで不倫関係にあった千眼美子(24)のSNSがネットで話題を呼んでいる。

 

KANA-BOONの公式サイトによるとメンバーと飯田は今月5日から連絡が取れていないとのこと。家族も警察に捜索願を出しているといい、そのため15日に予定していたバンドのメジャーデビュー5周年企画ライブの中止も併せて発表された。

 

飯田本人も同ライブを楽しみにしていたようで、5月31日にはTwitterで《楽しみがいっぱいで嬉しいです!》とつづっていたが――。そんななか、飯田の失踪3日前に千眼が更新したブログが話題を呼んでいる。

 

今月2日、千眼は「やっとことーん。」というタイトルの記事を投稿。そのなかで「上半期さいご月のはじまり~」「2019も半分ですかい」とコメントしながらも、突然こう切り出した。

 

「みんなは何か変わった? はたまた何かが終わった? そして何が始まった? 悲しかったことと決別できた? 怒ってた相手を許せた? 悩んでいたことを解決できた? 私も色んなものが、そうなったよ」

 

千眼は「いちいち細かく言わないけど」と述べながらも、さらにこう明かした。

 

「何とも思ってなかった人に 何とも思うようになって 何とも思っていた人を 何とも思わなくなったよ」

 

また「はぁ~、悲しいのも楽しいね。難しいのが一番生きがいを教えてくれるね。こえたら、しょーもない、つまんないことに ちょっと笑いたいね」とも語っている。

 

さらに千眼は8日、自身のTwitterアカウントにこう投稿している。

 

《悲しいお知らせも 悲しいとか残念とか 思いすぎない 本当はもう少し 時を共にしてみたかったとしても 優しかった瞬間や事実が はっきりとくっきりとして グリーンフラッシュみたい》

 

SNSを通して意味深な投稿を続ける千眼。TwitterでKANA-BOONファンは《めしださん今どうなってるか分かりません?》《もし『何か』知ってるならご家族の為にもご協力してあげてください》と訊ねているが、千眼は沈黙を貫いている。

関連カテゴリー: