鈴木雅之がアニソン界で注目の理由 還暦迎えリスタート決意

鈴木雅之(62)が今夏開催のアニソンフェス「Animelo Summer Live 2019 -STORY-」に出演すると、6月21日に発表された。その意外な組み合わせに、Twitterでは「鈴木雅之」がトレンド入りするほどの反響を見せている。

 

今年1月期のアニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」のオープニング曲に自身の楽曲「ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花」が起用されている鈴木。デビュー39年目にして初のアニソンデビューとあって、「アニソン界の大型新人」として大きな話題となった。

 

2月に公開された同曲のミュージックビデオも兼ねたショートムービーは、YouTubeで68万回近い再生回数を記録。同じくYouTubeに公開された同アニメのオープニング映像は397万回以上も再生されている。実はいま、アニメファンの間で鈴木の名前が轟いているのだ。

 

3月に開催されたアニメイベント「MBSアニメヒストリア-平成-」にもシークレットゲストとして出演。各メディアによると鈴木が「私がアニソン界平成最後の大型新人、ラヴソングの王様鈴木雅之です! 今日のイベントをみんな以上に楽しみにしていました!」と叫ぶと大盛り上がり。「ラブ・ドラマティック」だけでなくラッツ&スター時代の代表曲「め組のひと」を披露し、1万3,000人を沸かせたという。

 

「Animelo Summer Live」の公式Twitterアカウントが鈴木の出演を発表したところ、発表5時間でリツイートや“いいね”ともに1万6,000回を記録するほどの大反響。「大型新人」のアニソンイベント出演に、Twitterでは歓喜の声が上がっている。

 

《うわああー! 一気にオトナなステージに これはまた楽しみな》
《歌がべらぼうに上手い大物新人だw》
《シークレットだと思ったけど、この発表はマジで嬉しい》

 

また同イベントは豪華出演陣が話題となるため、《1曲歌ってそれで終わるわけないだろうし、そうなると何を歌うかな? 誰か女性陣からひとり出てきてロンリーチャップリンでもいいし》《誰かとコラボで渋谷で5時歌ってください》とアニソン界とのコラボに期待する声も上がっている。

 

「ラブ・ドラマティック」はいきものがかりの水野良樹(36)が楽曲を手がけており、バブリーダンスでおなじみの伊原六花(20)もボーカルとして参加。鈴木が水野や伊原とコラボしアニソンを歌う、その異色の組み合わせはリリース当時多くのファンを驚かせた。

 

「鈴木さんはこれまで還暦を目標に活動してきました。ですが還暦を迎えると『これは新たなスタートだ』と考えるようになったといいます。そのため近年の作品では今までのイメージをアップデートするようなミュージシャンが勢ぞろい。鈴木さんは来年シャネルズとしてのデビューから40年となり、新たなステージに息巻いてます」(音楽関係者)

 

「オトナ」を楽しみ続けるその姿は多くのひとの希望になりそうだ。

関連カテゴリー: