あいみょんMVが大反響 「平成生まれのカリスマ」と称賛の声

7月19日、シンガーソングライター・あいみょん(24)の最新シングル「真夏の夜の匂いがする」のMVが公開された。同曲は、石原さとみ(32)主演のドラマ「Heaven?~ご苦楽レストラン~」(TBS系)の主題歌。すでに動画コメントは800件を超えており、歓喜の声があがっている。

 

《終業式から帰ってきたら、あいみょんの新曲聴けるとか通知表の悲しみもふきとぶわ》

《終業式の日にMV出ちゃったら夏休み中ずっとリピートしちゃうやないかい》

《これもまた聴けば聴くほど魅力がわかる歌だなあ…スルメ曲多いわあいみょん》

 

同曲は7月7日に、あいみょんがパーソナリティを務めるラジオ「MUSIC FREAKS」(FM802)で初オンエアされた。あいみょんが思う「真夏の匂い」について、独自の感性を番組内で語っていた。

 

今回公開されたMVはフルバージョン。6月27日に公開されたショートバージョンは68万回以上再生された。7月24日にはシングルの発売が予定されている。

 

あいみょんといえば、2015年に「貴方解剖純愛歌〜死ね〜」の曲でインディーズデビュー。当時は鮮烈な表現に「オンエアできない」とされたこともあった。だが同曲は、オリコン週間インディーズチャートのトップ10にランクイン。あいみょんは様々な音楽イベントにも出演し、実績を積み上げた。

 

また7月10日にリリースされた菅田将暉(26)の最新アルバムでは「キスだけで feat. あいみょん」の楽曲を提供。MVでは菅田と共演し、話題を呼んだ。さらに昨年リリースされた「マリーゴールド」は、最新週間ストリーミングランキング(7月22日付)で3位をキープしている。

 

いまや日本の音楽界の“ホープ”であるあいみょん。そんな彼女を称賛する声が続々とあがっている。

 

《薄っぺらいから使いたくなかったけど「神曲」って感じがする。流石だな、平成生まれのカリスマ》

《あいみょん、米津、キングヌーが売れて暗黒期ぎみだった邦楽が明るくなってきた感ある》

《米津玄師やあいみょんの出現。そしてRADWIMPSやワンオク、J-Rockの盛り上がり。 たくさんの本物が出現していて彼らが腐敗しつつあった日本の音楽シーンをまた90年代のような黄金期に導いてくれると確信しています。これからの音楽シーンが楽しみで仕方ありません》

関連カテゴリー: