『凪のお暇』凪への想いを諦めた慎二が捨てた本に悶絶の声

黒木華(29)主演ドラマ『凪のお暇』(TBS系)の第5話が8月16日に放送された。累計250万部を超えるコナリミサトの人気漫画を実写化。主人公・大島凪(黒木華)は都内家電メーカーに勤める28歳OL。空気の読みすぎで倒れた凪が、仕事も恋もSNSも全て捨てる人生リセットドラマだ。

 

ゴン(中村倫也)に入れ込むあまり変わり果てた姿になった凪。諭そうとする慎二(高橋一生)だが、凪にその言葉は届かない。しかし、アパートの住人であるみすず(吉田羊)や緑(三田佳子)らの助けによって、正気を取り戻した凪はゴンとの関係を断ち切る決意をする。いっぽう、凪への想いを捨て去ろうとする慎二に後輩の和(唐田えりか)が急接近し……というのが第5話のあらすじ。

 

ゴンと一緒にいるために無理をしている凪に対して、「(空気)読みまくってからそんなザマになってんじゃねえか」と見抜く慎二。しかし最後はいつものように天の邪鬼な罵詈雑言を浴びせているところを、みすずの娘・うららに「いじめないで!」と飛び蹴りされてしまう。

 

今まで慎二の号泣する姿を目撃してきたみすずは「でも言葉はあれでしたけど、なんだか凪さんのこととても心配しているように見えて」と伝えるが、凪は信じようとしない。

 

凪への思いを届けることができなかった慎二は、「もういない……」と振り払うように歯ブラシや豆苗といった思い出の品を処分。さらには連絡先や2人で撮った写真までも消去してしまう。そして、処分した物のなかには『信頼しあえる恋人関係を作るために』『じぶんの想いを伝える方法』といったタイトルの自己啓発本も。慎二は、凪のためにモラハラ体質な自分の性格を変えようとしていたのだ。

 

すべてを処分したあと、「これが人生のリセットってやつか。尊いわ」と一言つぶやいた慎二。しかし、その顔は全く晴れていなかった。どこまでも素直になることができない慎二に、視聴者からは悲鳴にも似た悶絶の声が寄せられていた。

 

《凪がSNSを全てやめているからメンバーがいませんになっているメッセージをそのままにしておいてこれまで何回も見返していたと思うと……慎二お前ってやつは……》
《ねぇ~~~~~~~~!!!!! 頭の良い!!!! 慎二が!!!!! そんな怪しいタイトルの!!!!! 中身があるようでまるでない本を!!!!!!! 買ってまで凪とよりを戻したかったのに!!!!! 慎二お前ってやつは!!!!!!!!!!!!》
《慎二っーーーー! 真面目かよ。健気かよ》

 

次回は、ゴンとの関係を清算し、新しく凪が働きはじめたママ(武田真治)のスナックに慎二と和がやってくる。さらには、ゴンのなかにも凪への恋心が芽生え……。ますます激しくなる恋の三角関係から目が離せない――。

関連カテゴリー:
関連タグ: