樹木希林さん映画は異例のヒットとなるか 著書は120万部突破

昨年9月に75歳で亡くなった女優の樹木希林さん。そのドキュメンタリー映画「樹木希林を生きる」が10月4日から公開されることを、一部スポーツ紙が報じた。

 

希林さんを長期密着取材し、昨年9月26日に「NHKスペシャル・樹木希林を生きる」として放送されたたドキュメンタリーに未公開映像を加えて再編集。希林さんの出演映画で昨年公開された「モリのいる場所」のプロデュースを手がけた吉田憲一氏が上映プロジェクトで動き、全国公開が実現したという。

 

「NHKで放送された際の視聴率は13.9%を記録。視聴者の関心の高さがうかがえました。見逃した希林さんのファンが、劇場に足を運ぶことになりそうです」(芸能記者)

 

希林さんといえば生前のインタビューなどで語った人生観や結婚観、仕事観がまとめられた「一切なりゆき 樹木希林のことば」(文芸春秋)が大ヒット。出版取次のトーハンと日本出版販売(日販)が発表した今年の上半期のベストセラーランキングで両社とも1位を獲得した。

 

昨年12月に発売された同書だが、ランキングが発表された時点で発行部数は120万部を突破。また希林さんの関連本では「樹木希林120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ」(宝島社)が日販で3位、トーハンで5位にランクインしている。

 

「大規模の上映館ではないと思われますが、注目度はケタ違いです。同じ公開規模の映画と比べて異例のヒットを記録するのではとみられています」(映画関係者)

 

希林さんは、多くの国民に愛されていたようだ。

関連カテゴリー:
関連タグ: