菅田将暉 ツアーに20倍の応募殺到も大規模ライブが難しい理由

俳優で歌手の菅田将暉(26)が8月24日、福岡市内で初の全国ツアー(4都市5公演)の初日公演を行ったと各スポーツ紙が報じた。

 

各紙によると、同会場での動員人数は1,500人。ツアーは5公演で計1万1,000人を動員予定だが、20万通の応募が殺到するほどの人気ぶりだったという。

 

現在、菅田は主演映画「糸」(来年4月24日公開)の撮影に励むなど多忙な状態。そんななか、1週間の短期集中でライブリハーサルを敢行。代表曲「さよならエレジー」や米津玄師(28)が作詞・作曲・プロデュースした新曲「まちがいさがし」など、全18曲を熱唱したという。

 

「俳優として売れっ子の菅田さんですが、歌手活動も順調。『まちがいさがし』のミュージックビデオはYouTubeの動画再生回数4,100万回を突破し、各音楽配信チャートで軒並み1位を獲得。7月発売のセカンドアルバム『LOVE』は、すでに10万枚を突破しました」(レコード会社関係者)

 

今回のツアーチケットのチケット応募者は20万人だったという。これは5万人の観客が入る東京ドームで4回の公演を行えるほどの動員力。そのため、今後はもっと大きな会場でのライブ開催が期待されるところだが……。

 

「先の先まで映像作品や舞台の仕事が入っていて、なかなか音楽活動に専念して大会場ででのライブ開催というわけにはいかないのです。今回のツアーも、9月6日までの短期集中。俳優業をセーブしないと、大会場でのライブ実現は難しいでしょう」(芸能記者)

 

音楽も聞きたいけど、俳優としても活躍してほしい。ファンにとっても悩ましい問題のようた。

関連カテゴリー: