佐藤仁美が結婚踏み切れない訳「婚期逃した」との占い懸念か

シリアスからコミカルまで高い演技力で評価されている佐藤仁美(39)の熱愛が報じられたのは8月19日。すぐに本人もツイッターで交際を認めた。

 

《報道にあった通り 細貝圭さんとお付き合いをさせていただいております あたたかく見守ってくれたら幸いです》(8月19日付)

 

佐藤の知人は言う。

 

「佐藤さんが若いころに付きあっていた男性はデート費用や旅行費用なんかも彼女に払わせるようなヒモ体質の人が多かったそうです。酔っぱらって『ヒモ男キラーとでも呼んでくれ!』と自虐的に話していたこともありました。何年か前から結婚願望が強まっていたようですが『結婚もしたいから、次に付き合う男の人は慎重に選ばないと』と言っていました」

 

’18年4月の会見でRIZAPによりダイエットに成功したボディを披露し、「電撃婚にあこがれています!」と宣言していた佐藤。彼女と細貝は誕生日が同じ10月10日で、一部のスポーツ紙には《早ければ今年の誕生日にも婚姻届を提出する可能性もある》とも報じられた。だが “電撃婚実現”の可能性について、佐藤の所属事務所に聞いたところ関係者は次のように語った。

 

「よいお付き合いをさせていただいておりますが、結婚に関しては決まっておりません」

 

佐藤がRIZAPに励んでいたのは’17年12月からの3カ月。実は、ちょうどそのころ彼女に強く結婚を意識させる出来事があったのだという。前出の知人は言う。

 

「テレビのお仕事で占い師さんに恋愛運をみてもらったそうで、『そこまで気にしているわけじゃないけど……』と言いながらも、何度もそのことを話していました」

 

取材の結果、佐藤が知人に語っていたのは’18年1月11日に放映されたスペシャル番組『ダウンタウンDXDX』であることが判明。

 

「占い師・水晶玉子さんがゲストたちの“18年の運勢ランキング”を発表するという内容で、“てんびん座・A型”の佐藤さんの運勢は26位。水晶さんが佐藤さんに“17年に出会ったなかに運命の人がいる”と告げたときに、ハッとした表情を見せていました。続けて、その出会いを“生かすチャンスは2月まで”と言われたときには、もちろん演技もあったのでしょうが、かなり慌てた様子でしたね(テレビ局関係者)」

 

佐藤と細貝の出会いは’17年8月に共演した舞台『History of Pops』。水晶さんの“運命の人”という言葉で、佐藤の脳裏に浮かんだのが細貝圭の顔だったのだろう。

 

託宣を受けた佐藤の動きは迅速だったようだ。番組の収録は’17年12月に行われたというが、その数週間後、彼女は細貝が出演していた舞台『ピカレスク◆セブン』を観劇に訪れ、それ以降、2人は交流を深めていったようだ。交際は1年に及ぶというが、佐藤はなぜ憧れの“電撃婚”に踏み切れないでいるのか?

 

「佐藤さんは、『占いでは、結婚のチャンスタイムは逃しちゃっているんだよね』と寂しそうに漏らしていました」(前出の知人)

 

確かに占いによれば“結婚のチャンスは’18年2月まで”で、それを逃すと次のチャンスは6年後となっていた。だが本誌の取材に水晶さんは、こう語った。

 

「人との関わり合いが生まれやすく、結婚もしやすい時期を、私は“寿ゾーン”と呼んでいます。佐藤さんの場合は’18年の節分で寿ゾーンが終わっていますので、番組では『結婚のチャンスは2月まで』と、お伝えしました。しかし寿ゾーンで出会った相手と交際にいたった場合は、“自星”という、その人の人生のターニングポイントになる年に、愛が実を結ぶことも多いのです。佐藤さんは’20年の立春(2月4日)以降に自星が巡り、結婚にピッタリの時期を迎えます。また、お相手の細貝さんも’19年から寿ゾーンに入っていますから、’20年はお2人にとって、“最高の婚期”といえるでしょう」

 

もし佐藤がまだ悩んでいるようなら、水晶さんのこの言葉もぜひ参考にしてほしい。

関連カテゴリー: