高岡早紀ストーカー役に注目の声 被害者から一転して加害者に

女優の高岡早紀(46)が10月5日スタートのフジテレビ系ドラマ「リカ」で主演をつとめ、ストーカー役を演じることを一部スポーツ紙が報じた。

 

記事によると高岡が演じるのは、自称28歳のリカ役。一途だが一方的で、運命の相手と信じる男性と理想の世界を作るためなら障害となる相手を殺すことも辞さないという役どころだ。

 

ドラマは2部構成。リカが破滅に追い込む外科医役を小池徹平(33)、妻と別居中の映画会社プロデューサー役を大谷亮平(38)が演じるという。

 

今回はストーカーの加害者役を演じる高岡だが、1997年の日本テレビ系ドラマ「ストーカー 逃げきれぬ愛」では被害者役を演じていた。

 

「ストーカー役を演じたのは渡部篤郎さん(51)。当時はまだストーカーという言葉が一般的ではなかったのですが、視聴者を恐怖に陥れていました。高岡さんにとって民放の連ドラ初主演作でしたが、被害者役は肉体的にも精神的にもかなりハードな演技が要求されていました。にもかかわらず、彼女は見事に演じ切っていました。」(日テレ関係者)

 

同ドラマから22年、数多くの映像作品に出演してきた高岡。今回の作品では高島が視聴者を恐怖に陥れることになりそうだが、その幅広い演技に早くも期待の声が上がっているという。

 

「放送されるのは土曜の深夜枠。ゴールデンよりも過激な表現もできるため、この時間帯を選んだのでしょう。もともと高岡さんは真に迫った演技をする役者として、高く評価されています。彼女なら被害者役から加害者役まで演じられるはずと、今回の抜てきに至ったのでしょう。これまでの女優人生をすべてぶつけるような役になりそうです」(芸能記者)

関連カテゴリー: