Chage「後悔してない」も 究極ベスト盤求めるファンの声

歌手のChage(61)が8月31日、名古屋市内でソロツアーの初日公演を行った。

 

デビュー40周年記念日の先月25日、長年デュオを組んで来たASKA(61)が「CHAGE and ASKA(以下チャゲアス)」からの脱退を表明。

 

以降、初の公の場となったが、各スポーツ紙によるとChageは「CHAGE and ASKAの40年はやはり『順風満帆』であってほしかった。ここに来てくれた皆さんもそれを望んでいたと思いますが、どちらかというと『波瀾万丈』な40年となりました」と話したという。

 

ASKAの脱退については、「CHAGE and ASKAがなければ今、Chageはここにいないし、そして何よりもみんなと会えなかった。だから、残念だけど後悔はしていない」と前向きな心境を明かしたという。

 

「ライブでChageさんはチャゲアスの曲を披露しましたから、権利関係に縛りはあまりないようで、これからもチャゲアスの曲を歌い継いでいくことでしょう。しかし、もはや事実上の解散。2人が同じステージに立つことはもうないでしょう」(音楽業界関係者)

 

これまで、数々の大物バンドやデュオが解散してきたが、通例、解散決定後、ベストアルバム等を発売することが多い。チャゲアスの場合、無期限活動休止を発表した09年2月に発売したベスト盤『CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A』がオリコンランキングで2位を獲得した。

 

「このベスト盤は2000年以降に発売されたシングルがメインの構成でした。このまま“解散”してしまうなら、所属レコード会社としてもファンが誰しも待ち望む『集大成ベスト盤』を発売したいようですが、もはや2人が歩み寄って同じテーブルに着ける状態ではありません。このままだと非常に難しそうです」(前出・音楽業界関係者)

 

あの絶妙なハーモニーがもう聞けないのは、ファンには寂しい限りだ。

関連カテゴリー:
関連タグ: