女子アナの結婚観に変化「プロ野球選手に憧れ」は過去の話か

フジテレビの宮澤智アナウンサー(29)が9月8日に30代一般男性と結婚したと、10日に同局を通じて発表した。

 

発表後、宮澤アナは進行役をつとめる情報番組「直撃LIVEグッディ!」に生出演。安藤優子キャスター(60)から「宮澤さんが結婚しました」と紹介されスタジオに拍手が起こるなか、宮澤アナは「ますます精進していきます」と頭を下げた。

 

「宮澤アナといえば15年春のキャンプ直前に巨人の小林誠司捕手(30)との熱愛を報じられましたが、破局しています。今年6月には、年収4,000万円のコンサルティング会社勤務男性との同棲生活が報じられていました」(フジテレビ関係者)

 

今年の小林選手の年俸は6,000万円(推定)。かつて女子アナたちがあこがれたプロ野球選手との結婚に対する価値観は、今やすっかり変わってしまったようだ。

 

「イチローさん(45)と結婚した元TBSの福島弓子アナ(53)、古田敦也さん(54)と結婚した元フジの中井美穂アナ(54)ら“勝ち組”はごくわずか。多くの選手妻は、夫の不振などで苦労を経験しています。そのため最近の女子アナからは『プロ野球選手と結婚したい』という声が聞こえなくなってきていますね」(芸能記者)

関連カテゴリー: