上野樹里「朝顔」でみせた変化 尖ってた20代からまるで母に
『監察医 朝顔』の打ち上げ会場で子役・加藤柚凪を抱っこする上野。

「こっち向いて!」

 

声をかけながらスマホをかまえる時任三郎(61)に向かって笑顔を見せていたのは上野樹里(33)と、子役・加藤柚凪ちゃん(4)だった。彼らは小型クルーザーに乗り、夜の海を満喫していた。

 

9月23日に最終回を放映する月9ドラマ『監察医 朝顔』(フジテレビ系)。その打ち上げは、前週に海沿いのパーティスペースで行われた。

 

「視聴率も好調とあって収録現場の雰囲気もよく、フジテレビの湾岸スタジオにある卓球スペースでは、よく共演者たちで卓球対決を楽しんでいたんです。おかげさまで打ち上げも大盛況でしたが、上野さんは会場に到着早々、加藤柚凪ちゃんに声をかけていましたね」(テレビ局関係者)

 

『監察医 朝顔』では、上野と柚凪ちゃんは親子役を演じている。’16年にはTRICERATOPSのボーカリスト・和田唱(43)と結婚した上野だが、母親役は今回が初めてだった。8月18日の会見では笑顔で次のように語っていた。

 

「実体験では母になったことがないもので。いざ自分にもそういうときがきたら、かわいがって楽しめるといいな、と。少し先の自分の未来を、このドラマを通して学ばせてもらっています」

 

昔から上野を知るドラマ関係者は言う。

 

「10代、20代のころの彼女はちょっととんがっているところがあり、先輩後輩といった上下関係に無頓着なところがありました。監督やベテラン俳優にも物おじしない半面、後輩や年下にも対等に接していましたね。『子役の子って、何を話したらいいのかよくわからない』と、言っていたことも印象に残っています。だから『朝顔』の現場で、子役をかわいがっていると聞いて、少し驚きました」

 

『朝顔』打ち上げ会場では、上野は柚凪ちゃんに付きっきりだったという。

 

「抱っこしてあげたり、食事や飲み物を取りにいってあげたり、本当のママのようでした」(前出・テレビ局関係者)

 

このパーティスペースでは、オプションで20~30分ほどのショートクルージングを楽しめるようになっている。

 

「もちろん上野さんは柚凪ちゃんと同乗していました。小型クルーザーを乗り降りするときも、抱き上げてあげるほどでしたね」(前出・テレビ局関係者)

 

ドラマも好評のまま無事に最終回を終えたが、上野にとって“愛娘”とのお別れは寂しかったことだろう。

関連カテゴリー: