香取慎吾 19年ぶり“お母さん役”にファン歓喜「泣けてくる」

香取慎吾(42)が出演するファミリーマート“お母さん食堂”のCM「涙の味 おじさん篇」。9月24日より全国で放映開始されるや、早くも話題を呼んでいる。

 

CMではお母さん食堂のおかみである“慎吾母”が、活気あふれる街の食堂を切り盛りしていく。香取といえばかつてバラエティ番組内のコーナーで“慎吾ママ”に扮し、子供達を中心に大流行。「おっはー」の挨拶は流行語大賞を受賞し、「慎吾ママのおはロック」は累計130万枚以上のミリオンセラーを達成した。

 

あれから19年、久々にお母さん役を演じることになった香取。各メディアによると、「あの頃“おはロック”を踊っていた世代が社会人になって頑張っている。今僕は19年前に慎吾ママを見てくれていた人たちに向けて、『みんな疲れているでしょ、お疲れさま。美味しいもの食べなさい』と言ってあげられる。そう思うと、本当に素晴らしい仕事だなと思うんです」とコメントしているという

 

ネット上でも“慎吾ママ”のファンだった若者を中心に、当時を懐かしむ声が続々と。“慎吾ママ”がリアルタイム検索のトレンドにランクインしている。

 

《慎吾ママのおはロックを小学校で踊ったなぁ、、懐かしい…》
《慎吾ママからもう19年も経ってるなんて、、ちょっと泣けてくるわ》
《まさに「おっはー」踊ってた世代。感慨深いしこの食堂行ってお疲れ様されたい…!》

 

先月28日には情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)に、国際パラリンピック委員会(IPC)の特別親善大使として生出演。久々に地上波に姿を見せた香取。ネット上では今回のCM出演を皮切りに、更なる香取の活躍を期待する声も後を絶たない。

 

《慎吾母のあの滲み出る包容力… 令和も頼りになるお方です》
《慎吾さんの「お母さん食堂」今も前に進んでる活躍が嬉しいのです》
《香取慎吾の慎吾ママ、これ一大ブームやったからね。これからもどんどん前に出て活躍して欲しい》

関連カテゴリー: