『凪のお暇』“空気読まない”凪の決断に勇気もらう人が続出

黒木華(29)主演ドラマ『凪のお暇』(TBS系)の最終話が、9月20日に放送された。累計250万部を超えるコナリミサトの人気漫画を実写化。主人公・大島凪(黒木華)は都内家電メーカーに勤める28歳OL。空気の読みすぎで倒れた凪が、仕事も恋もSNSもすべて捨てる人生リセットドラマだ。

 

両家顔合わせは大混乱のなか幕を閉じるも、空気を読まなくなったことでぐっと付き合っていた時より距離が縮まった凪(黒木華)と慎二(高橋一生)。しかし顔合わせの帰り道、ついに決意したゴン(中村倫也)が凪に告白。さらに住んでいたアパートの取り壊しが決まってしまう。お暇の果てに凪が出す結論とは……というのが最終話のあらすじ。

 

アパートを引っ越したゴンから再び「ここで一緒に暮らそう。おばあちゃんになった凪ちゃんの横で昼寝したい」とプロポーズされるも、「私、ゴンさんから色々もらうんじゃなくて、美味しい空気を大好きな人たちにあげられる人になりたい」と断る凪。これまでその場の空気に流されてきた凪だが、食い下がるゴンに対しても「ごめんなさい」ときちんと自分の意思を貫く。

 

次の職場と家を決め、迎えたお暇最終日。慎二の誘いで久しぶりのデートを楽しむ2人は、再び水族館ではぐれたイワシを見つける。群れになじめない2人の象徴だったイワシの前で、“車を運転する”“美味しいものをみんなで食べる”といったウィッシュリストを慎二に見せる凪。そして「今ね、ちょっとだけ未来が楽しみなんだ。でも……」と語る凪をさえぎって、全てを察した慎二はこうエールを贈る。

 

「その未来に俺はいない。だろ? もういいよ、わかった。認めてやるよ。お前はもう一人でしっかり泳いでいるよ。だからお暇卒業すんだろ? だから俺もお前を卒業してやる。俺が話したかったのは、お前は絶対に大丈夫。ってこと」

 

自分の意思で見事にお暇の出口を見つけ、ゴンと慎二からも“卒業”した凪。お暇中に出逢った人たちと共にもがきながら、自分自身を見つめなおし、自分と向き合う時間を持ち、新たな人生を歩む力を育んだ。人との絆を紡ぐことで人は成長すると、体現してみせたのだった。そして、ゴンと慎二という2人に頼らずそんな凪から勇気をもらう視聴者の声で溢れていた。

 

《人と距離を置いて『自分探し』をする。でも、やっぱり自分を成長させてくれるのは『人』。そんな大事なことを教えてくれたのは、アパートの住人や坂本さん、バブルのママ、ゴンさん、慎二君。色んな感想が湧いてくる》
《凪ちゃん、短い間にすごい成長したな…すてきな人とたくさん出会えたこととそこから学んで考えて行動にうつすことだな…というのがわたしの得た教訓である。わたしも周りのひとを大事にしよう》
《凪ちゃんほんとよく頑張ったなぁ。殼を破ると決めた人の行動力ってすごいんだなと教えてもらえた。シンジもゴンもお母さんも、どえらいトラップだったけど、強い意思で乗り越えた。結果、トラップの皆さんもろともレベル1upした。人って一人で成長するもんじゃないんだね》

 

SNSでは早くも“凪ロス”を叫ぶ声も。成長した凪の姿をいつかまた見られる日が来ることを祈ろう――。

関連カテゴリー:
関連タグ: