「関ジャム」でスピッツを演奏 不在の錦戸亮を惜しむ声続々

9月29日、「関ジャム 完全燃SHOW」(テレビ朝日系)が放送された。放送200回目を迎えた同番組では、「甘い声の男性ボーカリスト10選」を特集。ジャムセッションのコーナーでは、10位にランクインしたスピッツの「ロビンソン」を演奏。シンガーソングライターの福原美穂(32)がボーカルを、今井マサキ(45)と藤田真由美(39)がコーラスを担当した。そして関ジャニ∞の丸山隆平(35)がベースを、大倉忠義(34)はドラムを演奏した。

 

放送終了後、この演奏にネットでは多くの反響が。

 

《スピッツのドラム シンプルそうに見えて、崎ちゃんのあの感じを出すの相当難しいぞ… それをサラッと出来る大倉くん凄いな》
《関ジャムで福原美穂さんがスピッツのロビンソン歌ってたけど、当たり前だけどプロの歌手!って思った コーラスもきれいだった 歌手はこうであってほしい》
《ベースの音がすごく前に聴こえた。スピッツの曲を、ロビンソンのベースラインを丸山さんが弾いている…》

 

いっぽうで、同番組には30日をもってジャニーズ事務所を退所する錦戸亮(34)は出演しなかった。錦戸といえば、ファンの間でもスピッツ好きで知られている。17年に放送された「Love music 関ジャニ∞スペシャル」(フジテレビ系)では、錦戸は初めて買ったCDがスピッツの「涙がキラリ☆」と明かしていた。

 

そのたま、錦戸の不在を惜しむ声も上がった。

 

《亮ちゃん少し前にスピッツばかり聴いてた時期あったし好きなんだろうから今日のセッション参加してほしかったな…関ジャムひさびさにみたけどやっぱり寂しい》
《亮ちゃんいる時にスピッツ特集をして欲しかった…な》
《「亮ちゃんスピッツ好きやったよなぁ」って言う息子 亮ちゃん、ジャニーズ最後の日の関ジャムのセッションがスピッツって偶然なのかなぁ》

 

メンバーはきっと、錦戸が退所後も“大空に飛べるはず”と思っているに違いない。

関連カテゴリー: