俳優・武田真治の評価が再燃!ドクターX出演で争奪戦勃発か

「9月29日放送のテレビ朝日のドラマ『時効警察・復活スペシャル』では“71歳にして40代の肉体を持つ人気タレント”をみごとに演じました。キャスティング会議では引っ張りだこの状態で、今もっともスケジュールの押さえにくい俳優のひとりですね」(テレビ局関係者)

 

『凪のお暇』(TBS系)でスナックのママ役というインパクトのある役柄演じた武田真治(46)。最近は『みんなで筋肉体操』(NHK総合)への出演で“再ブレイク”したと言われているが、俳優としての評価も高まっているという。

 

もともと90年に俳優としてデビューしてブレイクした後、96年からは『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)でお茶の間にその顔を浸透させた武田。最近でも蜷川実花(46)が監督を務めた『Diner ダイナー』に出演するなど、俳優としての活躍の場は以前より確実に広がっている。

 

「もともと『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』出身で俳優としてブレイクした第一人者。演技力は故・大島渚監督の折り紙つきでした。その後はサックス奏者やバラエティ出演で話題になることが増えていましたが、『めちゃイケ』が終わったことで改めて今後の方向性を考えたようです」(バラエティスタッフ)

 

そんな彼の転機になりそうなのが、10月クールから出演が決まっている『ドクターX』(テレビ朝日系)だ。

 

「武田さんは音楽活動やバラエティ番組など多方面で活動してきたこともあって、他のライバルよりも引き出しが多い。そのため、“使い勝手”が良いと評判です。『ドクターX』で米倉さんにも気に入られれば、次のシリーズにも声が掛かるでしょう。そうなるとさらに人気になることは確実。争奪戦に拍車がかかりそうです」(前出・テレビ局関係者)

 

今後、俳優・武田真治の活躍を見る機会が増えそうだ。

関連カテゴリー: