八千草薫さん 共演者が次々追悼 芸能界で惜別の声が止まない

女優の八千草薫さんが10月24日にすい臓がんのために亡くなった。享年88歳だった。八千草さんは18年1月にすい臓がんの手術を受け、19年には肝臓にもがんが発覚。仕事を休養し、治療に専念していた。

 

八千草さんといえば、47年に宝塚歌劇団に入団。退団後も映画やテレビ、舞台などで幅広く活躍した。2010年代に入ってからも映画「くじけないで」(13年)で、「蝶々夫人」(55年)以来の58年ぶりに主演を務めた。さらに、18年の「執事 西園寺の名推理」(テレビ東京系)や19年の「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系)でも好演し、注目を集めた。

 

そんな日本を代表する大女優の訃報に、芸能界からも惜別の声が止まない。

 

「執事 西園寺の名推理」で共演した上川隆也(54)は28日に、Twitterで八千草さんを追悼。同ドラマで上川は、八千草さん演じる伊集院百合子の執事役を演じた。《御一緒出来たのは ほんの束の間でしたが、心から幸せな時間でした。 『西園寺』と呼ぶ声は、これからも私の耳の中で響き続けるのでしょう。 心安らかにお休み下さい、奥様》

 

さらに佐藤二朗(50)も同ドラマで共演し、Twitterで八千草さんに向けた思いをつづった。《「初めてご一緒できたのに最初の僕の台詞、“お婆ちゃん、なぁお婆ちゃん“で申し訳ないです」。そう言った僕に、「だってお婆ちゃんだもの」と満面の笑顔》と懐古し、《その佇まいや芝居は、あとに続く者たちに「継がなければ」と強く願わせるものだった。八千草薫さんという巨星のご冥福を一俳優として強く願う》と偲んだ。

 

また29日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)では、真矢ミキ(55)が登場予定だった。しかし、急きょ「追悼・八千草薫さん」に番組内容を変更し反響を呼んだ。

 

《八千草薫さんがもういらっしゃらないなんて嘘みたいだ 年齢を重ねるにつれて親しみを持って拝見していた人がいなくなっていく》
《八千草薫さんの緊急追悼で差し替えになった今日。本来は宝塚の後輩の真矢ミキさんがゲストの予定だったんだよな。 何か運命的なものを感じる》
《八千草薫さん本当に素敵な人でした。 画面からも伝わる人柄の良さいくつになっても綺麗で歳を感じさせない本当に素敵な人。 永遠のマドンナと呼ばれ親しまれた八千草薫さん綺麗です。 黒柳徹子さんと話している八千草薫さん優しい顔しています。 八千草さんのご冥福をお祈り致します》

 

これからも八千草さんの輝きは多くの人々の胸に残り続けるだろう――。

関連カテゴリー: