加藤みどり80歳でギネス認定 降板の危機を救った最愛の夫

人気テレビアニメ『サザエさん』(フジテレビ系)で主人公・フグ田サザエ役の声優・加藤みどり(80)が11月17日、「同一のアニメ作品のキャラクターを最も長く演じてきた声優」としてギネス世界記録に認定されたと報じられた。

 

また同番組も「最も長く放映されているテレビアニメ番組」として、13年に初受賞したギネス記録を更新した。13年9月5日に開かれた認定式に加藤は代表として出席。ギネス世界記録の認定証を受け取ったという。

 

69年10月5日に放映スタートした同アニメは、今年で放送50周年を迎えた。スタート当初から声優が変わっていないのは、加藤とフグ田タラオ役の貴家堂子(78)だけだ。

 

各メディアによると、18日からスタートする「サザエさんウィーク」の発表会に出席した加藤は、ギネス認定を受けて「フジテレビがつぶれなくて良かった。人生100年なので、あと20年は稼ごうかなと思います」と喜びを見せたという。

 

底抜けに明るいサザエさんと違わず、陽気な人柄で知られている加藤。だが、50年間も衰えることなく“24歳のサザエさん”を演じ続けるのは容易ではない。

 

「加藤さんは声優を始める以前から長唄や邦楽の稽古を重ねており、清元節と長唄の名取でもあります。その経験からしっかりとした声帯の持ち主なので、サザエさん特有の高音を出してもぶれることがありません。さらに加藤さんは、毎週オンエアを確認して声のトーンなど改善すべき点をチェックしているようです。また最近では、講演会の講師や朗読会での読み聞かせといった声の仕事も拡充しています」(テレビ局関係者)

 

そんな自分に厳しい加藤を支えてきたのは、65年に結婚した夫の存在も大きいという。20代前半はNHKと出演優先契約を結んでドラマ出演するなど女優業に励んでいた加藤。だが、結婚後は美声を買われて声優業が中心になったという。

 

「99年にカツオ役を演じた高橋和枝さん(享年70)が亡くなった際、ひどく落ち込んだ加藤さんは『サザエさん』の降板まで考えたそうです。ですが、加藤さんの個人事務所社長を務めていたご主人が支えてくれたおかげで立ち直れたようです」(前出・テレビ局関係者)

 

夫婦愛の力で、あのサザエさんの声がいつまでも続いてほしい!

関連カテゴリー: