明石家さんまの五輪キャプテン起用 最強の布陣も囁かれる不安

来年7月に開幕する東京五輪の日本テレビ中継のメイン出演者として明石家さんま(64)がキャプテン、くりぃむしちゅーの上田晋也(49)がスペシャルサポーター、有働由美子アナ(50)がスペシャルキャスターを務めると発表された。

 

各メディアによると、「どのメンバーで来るかわからないですが世界最高峰のバスケットの決勝は楽しみです。陸上の桐生(祥秀)選手とは収録でもご一緒しているし、知り合いでもあるので期待しています」とコメントを寄せているという。

 

さんまはこれまで2000年のシドニー五輪、04年のアテネ五輪、08年の北京五輪、12年のロンドン五輪、16年のリオ五輪にも起用。夏の五輪では今回で6度目となる。そんな実績十分のさんまだが、ネット上では不安要素も囁かれている。

 

《明るくていいが、人の話を本当に聞かない》
《選手たてて主役にすることができないから向いてない》
《すべてギャグに繋げようとする》
《どんな状況であろうが「笑う・笑わせる」事を求める》

 

いっぽう、現場からは期待の声が上がっているという。

 

「バラエティー番組での“立ち位置”が世間のイメージとして浸透してしまっているようですが、大御所だけに高視聴率が狙えるはず。上田さんと有働さんが脇を固めていることもあり、バランスもとれるはず。考えうる“最強の布陣”ではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 

果たして、視聴者からの声を覆す仕事ぶりを見せることができるのだろうか。

関連カテゴリー: