再婚した元夫を祝福の大黒摩季「幸せになって」と声援続々

シンガーソングライターの大黒摩季(49)が12月23日に『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)に生出演した。18年4月に離婚していたと公表した大黒は、16年間の結婚生活に終止符を打った心境を語った。

 

大黒は03年に1歳下の一般男性と結婚。2年後に不妊治療を受けたという。10年には子宮疾患治療のため活動休止を決断。15年には子宮の全摘手術を行った。いっぽうで不妊治療を継続し、凍結させていた受精卵を使って代理出産も試みた。だが上手く行かず17年には凍結卵子を全て使い切り、不妊治療を終えたという。

 

そんななか、いつしか日常に「自分の嫌いな卑屈さ」が出てきたという大黒。「これではいけない」と前進するために離婚を決意。18年初めに元夫と離婚に合意したと告白。大黒は元夫に「幸せになって」と告げた瞬間、気持ちが軽くなったと明かした。

 

いっぽうで18年末には、元夫に新たなパートナーができ子供ももうけたという出来事が。しかし離婚報道が出ることで、出産前の相手に「心労をかけてしまう」と気遣った大黒。相手の出産が終わった今年4月に離婚届を提出した。

 

このことについて「互いに離婚に合意した日が離婚日」と発言した大黒は、元夫について「不倫ではない」と断言。さらに元夫が一般人であることから、「そっとしておいてあげて下さい」と頭を下げた。

 

また、元夫に子供ができたことを「本当に嬉しい」とも明るく語った大黒。辛い時期を乗り越え、大きな決断をした彼女にエールが相次いでいる。

 

《明るく話されてたようですが、さぞかし辛かったでしょう。私はそこまで治療をしなかったから…と諦めつける理由がありますが、大黒さんは頑張ったのに…って。病気を患い希望する子供も叶わないって、本当に辛いですよね でも貴方には歌があります。応援してます!》
《大黒摩季さん強いな。元旦那さんの幸せを、祝福できる自分の気持ちが嬉しかった。柔らかい心を取り戻せたって言ってるの聞いて、泣けた。歌詞とリンクする。昔からかっこいい女性。きっと幸せな人生が待ってる。今日は彼女の曲を聴きながら仕事する!!》
《大黒摩季さんの歌には何十年も励まされ続けてる。本当に幸せになってほしい》

 

大黒は「50歳をすっきり生きよう」と今回の決断を下したという。人生はまだまだこれから!

関連カテゴリー:
関連タグ: