売れっ子白石、なぜ卒業?アイドルに立ちはだかる30歳の壁

1月6日、乃木坂46の白石麻衣(27)がグループからの卒業を発表した。3月25日に発売予定のグループ25枚目シングルに関連する活動をもって、アイドルとしての人生を終える。白石は、2011年に19歳で乃木坂46の1期生としてデビュー。その後はファッション誌『Ray』(主婦の友社)専属モデルなどとして活躍し、8年間にわたりグループを牽引してきた。

 

白石の2ndソロ写真集『パスポート』(講談社)は、累計発行部数33万部超えという大ヒットを記録。男女双方から支持される大人の美貌を持つ白石は、多くのファンから「アラサーになってもアイドルで居続けていてほしい」と言われていた。

 

卒業発表までの経緯について、アイドル事情に詳しい芸能関係者はこう語る。

 

「白石さんは数年前からファッションモデルとしての活動を本格化させています。2018年後半からは、美容誌やファッション誌の表紙に毎月出演するほどの売れっ子状態に。以前から卒業後も仕事が途切れることはないと言われていて、いつアイドルを辞めるかは本人の心持ち次第でした。特に2018年末に白石と並ぶグループの双璧と言われていた西野七瀬さん(25)が卒業。2019年2月に同学年である衛藤美彩さん(27)が卒業して以降は、『白石さんもいつ卒業してもおかしくない』と噂されていました」

 

白石は乃木坂46の現役メンバーにおいて、新内眞衣(27)に続く年長だ。このタイミングでの卒業について、前述の芸能関係者はこう語る。

 

「27歳になると、同世代OGの結婚ラッシュが始まります。2019年末には、衛藤美彩がプロ野球の源田壮亮選手(26)との挙式披露宴を行いました。現役メンバーは出席しませんでしたが、白石さんの将来への意識に影響を与えたかもしれません」

 

アラサーアイドルの先輩としては、同じく秋元康氏(61)プロデュースのアイドルとして元AKB48の小嶋陽菜(31)がいる。芸能関係者はこう語る。

 

「小嶋は冠番組で、秋元氏から『30歳までアイドルでいてほしい』とコメントされていました。しかし2016年6月18日『第8回AKB48選抜総選挙』で、にこやかに『やっと卒業しま~す』と発表。翌年、29歳の誕生日に行われた卒業公演をもって活動を終えました」

 

そんななか、自分こそはと「30歳までアイドル宣言」した人もいる。AKB48の柏木由紀(28)だ。

 

2019年12月12日の「ベストヒット歌謡祭2019」で楽曲を披露した後、柏木は「明るい宣言をさせてください」と口火を切った。「卒業ではなく、私はAKB48 とアイドルが大好きなので、30歳までAKB48 を卒業しません!」と発表。不安を見せていた後輩メンバーらは、尊敬する先輩のアイドル継続宣言に歓声を上げ大喜びしていた。

 

白石は2020年1月7日のブログのなかで、「次は外側から乃木坂を支えていけたらなと思っています」と語っている。

 

グループへの貢献の仕方は様々だ。

関連カテゴリー: