King Gnuの新MVが話題沸騰 紅白効果で国内外の活躍に期待

ミクスチャーバンドのKing Gnuが1月9日、新しいMV「Teenager Forever」を公開。わずか22時間で166万回もの再生回数を記録するなど、大きな反響を呼んでいる。

 

メンバーそれぞれのプライベート風映像で構成されている同MV。冒頭で大金を手にしたメンバーたちだが、各メディアによるとそこには新井和輝(27)が母親に車をプレゼントし、勢喜遊(27)が新婚旅行で向かったグアムで遊ぶ姿が。そして常田大希(27)がロシアでのびのびと過ごす様子のいっぽうでは、ボーカル・井口理(26)はフィリピンのガールズバーと思しきところで大金をばらまくなど豪遊する内容だという。

 

Twitterで常田は《King Gnuチーム一同この一年間よく頑張った!!! という事で, 金を使ってやりたい事やってきてくれって感じでゆるふわMVを作りました》とつづり、勢喜は《大希が「新婚旅行でも行ってくれば?」と粋な事言ってくれたのでグアム行かせていただきました!》といったエピソードを明かしている。新井は《ちょーーーーーーーーいい映像だから何回も見て愛してほしいぜ!》とツイートし、井口は《お金もらった4人が それぞれ好きなことやりました ずっと笑って生きていこうってな!!!》と呼びかけている。

 

MVが公開されるやいなや、Twitterでは「King Gnu」や「Teenager Forever」といった関連ワードが次々とトレンド入り。YouTuberのHIKAKIN(30)も井口がタンクトップ姿で走るシーンのスクリーンショットをアップし、《全力ダッシュwww》と思わずツイート。、さらにこんな声が上がっている。

 

《やるべきことやってる人たちは、楽しそうにしてる姿さえカッコいい!》
《もう何回見たんだろうってくらいMV見た。最高》

 

昨年の『第70回NHK紅白歌合戦』でのパフォーマンスも記憶に新しいKing Gnu。その際、白組の司会を務めた嵐・櫻井翔(37)がバンド名を紹介する際に「キング・アンド・ヌー」と言い間違えたことも話題を呼んだ。

 

10日に放送された『King Gnu井口理のオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)で井口は櫻井が謝罪してくれたと明かした井口。さらに、番組中で嵐の「Troublemaker」を流すだけでなく、「対バンしましょう」と声をかけたが櫻井にスルーされたといった逸話を冗談交じりに報告していた。

 

そんな寛容さを見せた井口にネットでは《櫻井翔さんに対するフォローが逆に倍返しの愛になってるとこ井口さんらしくて素敵》《井口さんも優しいよね。ラジオで話してくれるんやもん》といった声が。紅白でのハプニングをさらなる好感度アップのキッカケに変えたようだ。

 

「紅白に出場したことで、今月13日付のBillboard週間アルバムチャートで17年発表の1stアルバム『Tokyo Randez-Vous』が初のトップ20入りを果たしました。また昨年1月にリリースした2ndアルバム『Sympa』は第12回CDショップ大賞2020に入賞。さらに新作『CEREMONY』の収録曲が2月に公開される映画『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』の主題歌に起用されることもすでに決定しています。昨年末にはWeiboのアカウントも開設しており、20年は日本だけでなく世界規模での活躍に期待できそうです」(音楽関係者)

 

King Gnuからますます目が離せない!

関連カテゴリー: