紳助さん 9年ぶり動画登場で往年の「ヘキサゴンロス」再燃

元タレントの島田紳助さん(63)が出演した動画が13日午後5時、歌手のmisono(35)のYouTube公式チャンネルで公開された。

 

紳助さんの出演はmisonoが12日に更新した自身のブログで明かされた。彼女によると、夫・Nosuke(30)とともに友人の山田親太朗(33)がいる大阪のバーにいったところ、偶然、居合わせた紳助さんから「YouTube撮ろうぜ」と提案されたという。

 

紳助さんが映像に出演するのは、11年に芸能界引退後初めてとなるだけに、misonoは断ったのだとか。にもかかわらず、紳助さんはmisonoを「俺が怒られるし、俺が全責任とるから」などと説き伏せたそう。

 

紳助さんは途中からキャップをかぶって登場し、「引退して8年半。昔、島田紳助という名前で仕事してました」と挨拶。

 

動画出演のきっかけについて、「来る者は拒まずで『会いたいです』と言ってくれる人は拒否しない。自分は一般人だから。今日は、親太朗が大阪に来るっていうから、闇営業で」と笑わせた。

 

misonoも山田もご存知、島田さんが司会を務めていた人気番組『クイズ!ヘキサゴン』(フジテレビ)ファミリー。「お姉ちゃんがすごい2人が集まった」と切り出した島田さんは、その後の動画で、引退後の悠々自適な生活について

 

「釣りしたり、ゴルフしたり、筋トレしたり、健全な日々を過ごしています」

 

と笑顔で明かしながら

 

「フジモンも離婚したし、(『ヘキサゴン』ファミリーは)不幸率8割や」

 

と語るなど、相当なブランクにもかかわらず、相変わらずのトーク力を披露。

 

ネット上では《紳助さんいなくなってテレビがつまらなくなりました》、《話すスピードが衰えてなさすぎて》、《テレビ界が衰えてきてるけど、紳助さんの存在はデカかった》などと、たちまち一大ブームを起こした“ヘキサゴン・ロス”が巻き起こった。

 

紳助さんによれば、テレビ復帰はないと強調するが、時折、misonoのYouTubeにご意見番として“降臨”するかもしれない。

関連カテゴリー: