ピエール瀧の早すぎる復帰が波紋 音楽活動に需要はあるのか?
画像を見る

ピエール瀧(52)が俳優業を再開すると、2月3日に報じられた。復帰作は竹中直人(63)・山田孝之(36)・斎藤工(38)が共同監督する映画『ゾッキ』(21年公開予定)だという。

 

19年6月、麻薬取締法違反罪で懲役1年6月・執行猶予3年の有罪判決を受けていた瀧。執行猶予期間中の“異例”な早期復帰となるため、ネットでも波紋を呼んでいる。

 

《いくら何でも早過ぎやろ。芸能界ってホント激甘やな!》
《執行猶予期間は活動自粛するとかいう感覚はないんだな。ていうか芸能界って本当に薬物に甘いな》
《こんなに早く復帰してもいいのに、いだてんの編集とかほんと馬鹿らしいな》

 

19年3月に逮捕されてから11カ月ぶりの復帰。当初出演が決まっていたNHK大河ドラマ『いだてん』や映画『居眠り磐音』といった数々の作品は、代役を立てての撮り直しを余儀なくされた。

 

しかし、中には「作品に罪はない」として公開に踏み切った作品も。

 

ピエールが出演した映画『麻雀放浪記』は、逮捕直後の19年4月に予定通り公開された。また高橋一生(39)が主演を務める映画『ロマンスドール』は瀧の逮捕を受けて公開延期となったが、今年1月24日に公開された。

 

影響は、音楽活動にも波及した。石野卓球(52)と瀧からなるテクノユニット「電気グルーヴ」も、19年7月に所属していたソニー・ミュージックから契約解除。CDや映像商品の出荷停止や店頭在庫の回収、さらに音源や映像のデジタル配信も停止となった。以降、瀧の音楽活動はまだ本格的に再開されていない。

 

そんななか、相方の石野が同日にTwitterを更新。瀧の復帰が「早過ぎる」という声に、こう反論した。

 

《その人に需要があれば仕事はある、需要が無ければ仕事は無い。それだけ》

 

そのため、こんな声も上がっている。

 

《ピエール瀧さんの復帰が早いという声が出ているし、そういう声が出るのもわかるけど、これ以上冷や飯を食わせてどうするのか。現場復帰してもらい納税してもらう。良い演技をして視聴者を楽しませる。立ち直ることができるという見本を示す。これこそが社会貢献だと思います》
《瀧さん復帰するのね。電気グルーヴの音源も早く聴けるようになるといいな~。音楽に罪は無いからね》
《彼が仕事復帰するということは、電気グルーヴの楽曲の配信停止も解除されるのかな。そうであるのなら、とても嬉しい》

 

音楽活動には一定の“需要”がある様子。20代から薬物を使用していたという瀧。復帰が早いだけに、同じ過ちを犯さないか一層注目されそうだ。

関連カテゴリー: