槇原逮捕で消えた「五輪で『世界に一つだけの花』披露」計画

「当初の計画では、ライブの選曲は1月8日発売のアルバム曲と、主演ドラマで使用した楽曲のカバーという“2本柱”で進んでいました。それが、あるとき木村さんからSMAPの楽曲も歌いたいと提案があったんです」(音楽関係者)

 

2月8日から東京・国立代々木競技場第一体育館で始まった木村拓哉(47)のソロライブツアー。彼のライブは、SMAP時代の’15年1月から約5年ぶりのことだ。全20曲を熱唱した木村だが、東京公演の3日間を通して、SMAP時代の名曲『夜空ノムコウ』を歌った。会場からはファンの大歓声が上がった――。

 

そんな木村だが、今回SMAPの代表曲『世界に一つだけの花』を歌うことはなかった。前出の音楽関係者によると、選曲打ち合わせでも同曲が候補に挙がることはなかったという。

 

「5人それぞれのパートがあり、木村さん1人で歌うにはさすがに荷が重すぎます。ただ、それ以上に、木村さん自身が“この曲は1人で歌うものではない。5人で歌うべき曲”と考えていたからでしょう」

 

1月12日、木村のラジオ『木村拓哉Flow supported by GYAO!』に作詞・作曲をした槇原敬之(50)がゲスト出演した際、槇原はこんな感謝も口にしている。

 

「SMAPというアイコンに対して、時代とかいろいろなものがあって生まれた宿命みたいな曲。だから、SMAPがいなかったらあの曲は書けてないですよ。それは間違いない」

 

実は、ソロツアーでも歌わなかった『世界に一つだけの花』が世界の大舞台で披露される計画が極秘裏に進んでいたという――。

 

「7月から開催される東京五輪のセレモニーなどでこの曲を使いたいという構想が進んでいたんです。『世界に一つだけの花』は平成で最も売れたシングル曲。詞の内容からも五輪の世界中の人々へアピールするにはうってつけです。安倍首相も昨年4月、元号が平成から令和に変わる記者会見で『世界に一つだけの花』をたとえに出し、『次の時代を担う若者たちが、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そのような若者たちにとって希望に満ちあふれた日本をつくりたい』と語っていました。首相のそうした意向もあり“56年ぶりの東京五輪でこの曲をどこかのタイミングで披露する”よう関係各位に水面下で働きかけていたといいます」(東京五輪関係者)

 

新しい地図の3人、稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(45)、香取慎吾(43)がパラリンピックの公式サポーターに就任していることも、同曲が選ばれた理由に大きな影響を与えていたという。

 

「もしメンバーそろっての歌唱が難しい場合でも、槇原さんが歌い、会場の観客と大合唱するということも選択肢のひとつでしたが……」(前出・東京五輪関係者)

 

だが、そんな“夢の計画”は、一瞬で吹き飛んでしまった――。2月13日、槇原が覚せい剤取締法違反と、医薬品医療機器等法違反の疑いで逮捕されてしまったのだ。

 

「槇原さんは木村さんのアルバムの中に、作詞・作曲・編曲を手掛けた『UNIQUE』という曲も提供しています。逮捕前の東京公演では3日間、すべてで歌っていましたが、大阪での2公演では見合わせる方向で話が進んでいます。木村さんが“SMAPファンへの恩返し”として心で温め続けていた、『世界に一つだけの花』を披露する機会も幻に終わってしまいました。今回の逮捕に、木村さんもひどく驚き、ショックを受けています」(前出・音楽関係者)

 

“晴れ舞台”を見られたかもしれないSMAPファンには、あまりにつらい事件になってしまった。

 

「女性自身」2020年3月3日号 掲載

関連カテゴリー: