前田敦子 堅実ママ生活の喜び…自宅から離れた100均まで遠征へ

「前田さんは同年代らしき女性と一緒で、お子さんと旦那さんはいませんでした。生活雑貨や育児グッズコーナーで足を止めて、離乳食を入れるケースやシールブックなどを買い込んでいましたよ。“あっちゃんも100円ショップで買い物するんだ!”と驚きましたね」(目撃した女性)

 

2月上旬、東京都・墨田区にあるショッピングモールを訪れていたのは前田敦子(28)。13年にAKB48を卒業し、18年に俳優の勝地涼(33)と結婚。昨年3月には第一子となる男児を出産した。

 

前田は、放送中のドラマ『伝説のお母さん』(NHK)では、ワンオペ育児と冒険の両立に悪戦苦闘するお母さん・メイを好演。出産後初となるドラマに精力的に取り組むなか、この日、前田が自宅から離れた下町のショッピングモールまで出向いたのには理由があった。

 

「ここの100円ショップは都内最大級の売り場面積を誇り、ママたちの間では“なんでも揃う!”と評判なんです。また別の階には超大型のベビー用品店も入っていて、“ママの聖地”と有名なショッピングスポットなんです」(地元住民)

 

育児のために“遠征”をするなど、工夫を見せる前田。夫の勝地と二人三脚で、育児との仕事の両立に奮闘しているようだ。

 

「前田さんは産後にかなり太ってしまったそうですが、復帰に向けて10キロのダイエットに成功したそうです。昨年9月に出演したバラエティ番組では、『1日2時間は歩くのを徹底している』とストイックな生活ぶりを明かしていました。そんな前田さんを勝地さんも応援していて、前田さんが忙しいときには積極的に育児や家事に参加しているそうです。前田さんも今回のドラマの会見で、勝地さんへの感謝を語っていました」(芸能関係者)

 

前田は子どもとの日々について、昨年9月『Ray』のインタビューでこう明かしている。

 

《子育ては実際にやってみると楽しいことばかりです。外でいい子にしているとその反動で、その日の夜はグズグズして寝ないこともあるんです。それが可愛くて! 最近は寝返りを打てるようになって、起きたときにウッウ~って訴えかけてくるとキュンとします(中略)やっぱり息子のうれしそうな顔を見ると幸せですから》

 

多忙でも、前向きに子育てと向き合う前田。“伝説のママタレ”になる日も近いかも!?

関連カテゴリー: