藤田ニコル SNSの限界を吐露「これ以上求めるのであれば…」

タレントでモデルの藤田ニコル(22)が2月25日、自身のTwitterを更新。SNS上でのファンとの交流について持論を述べた。

 

藤田は同日の朝、「おはよ、今日も1日お仕事頑張ります」と挨拶。しかし、約10分には「もっとわかってくれてると思ってたな」とポツリ。藤田の意味深な一言に、ファンからは《どうしたの? 大丈夫?》と心配するコメントが寄せられた。

 

その後、藤田はツイートを連続で投稿。「10年この世界にいるから、沢山離れるファンも見てきたし戻ってくるファンも見てきたな。ずっといてくれるファンの子もいる」とファンとの関係を回顧した。

 

つづけて「自由です。私はみんなに生誕祭でもそうだしSNSで思いは伝えてきたし」としたうえで、「これ以上求めるのであれば、私は今が全力なので難しいかも」とファンから寄せられるコメントへの対応に限界を感じている様子。「みんなのコメントはずっとみてるよ一つも見逃さず。それだけお伝えしとくね。本当に全部みてる。仕事の合間も起きた時も寝る前も」と語りかけた。

 

藤田は、昨年3月にもファンに向かって「芸能人を応援してる子直接もう応援するのやめようとか必要とされてないしなとか報告はやめた方がいいと思います。言われた芸能人けっこう傷ついてます。みんなのためにお仕事頑張ってるのになぁて。構ってほしい気持ちもわかるけど私も人間の気持ちをもってます。伝えてなくてもみんなの事大好きだから」と複雑な心境を明かしていた。

 

今月20日に22歳の誕生日を迎えた藤田。カリスマ女子高生モデルとして人気を博し、10代のファンも多い。それだけに、SNS上で本人と関わりたいという気持ちが“強すぎる”ファンがいるようだ。

 

藤田の一連の投稿には《反応してくれない=見てないじゃないもんね。にこるんだって忙しいから全部にいいねとか押せるわけじゃないもんね》《にこるんの気持ち伝わってるよ!》《無理しなくていいよーっ》と理解する声が寄せられている。

関連カテゴリー: