宮迫博之“切り札”生歌投入で大絶賛「くず再結成して」

2月28日、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が、YouTubeチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」を更新。登録者数60万人突破記念として、欧陽菲菲の「ラヴ・イズ・オーヴァー」を熱唱した。

宮迫は歌が上手いことで知られており、2001年にはお笑いタレント・山口智充(50)と音楽ユニット「くず」を結成。2004年に「全てが僕の力になる」でオリコン一位をとるなど、その歌声には根強い人気があった。

1月29日にYouTubeを始めた宮迫。開始以来「なぜ、一番の武器である歌を歌わないのか」と歌唱動画を求める声が多数寄せられていたが、投稿されるのはなぜか対談や料理の動画ばかり。

ここにきて、ついに切り札を投入した形だ。動画は現在18万回再生されており、コメント欄には《相変わらず歌うめぇな》《心揺さぶられる歌声でした 歌声に涙があふれてきました》など、絶賛のコメントが並ぶ。

さらに、《全ては僕の力になる歌ってください 歌詞が今の宮迫さんと重なる部分大きいです》《無理を承知で…全てが僕の力になる今こそ歌ってほしいなぁ》《ないと思うけどくずの再結成みたい》との声も。

「全てが僕の力になる」は問題となった闇営業中に、宮迫が披露した曲。名曲だけに、ファンの「もう一度聞きたい」の声も理解できるものの、再披露はなかなか難しいのかもしれない。

関連カテゴリー: