“コロナ休校”にママタレも困惑、スザンヌ願う「笑顔で卒園」

タレントのスザンヌ(33)が3月1日、自身のインスタグラムを更新。6歳の息子の卒園について心境をつづり、反響を呼んでいる。

 

スザンヌは、手料理の写真とともに「この週末は色々と予定変更(しょうがないけど残念)で、どうしたもんかなぁなんて思ってたけど、そのときどきのベストをなんてしてたら結果めちゃくちゃ楽しめた」と投稿。「ダイエットダンス踊りまくったりエアーカラオケしたり意外と家の中でも楽しめることがあることも知れたっ」と新型コロナウイルスの影響からか、主に自宅で過ごしている様子。

 

6歳の息子については「明日は最後(かもしれない)園の登校日」と明かし、「笑顔で卒えられますように」と願いを込めた。これは、2月27日に、安倍晋三首相(65)が3月2日から春休みに入るまで全国の公立小中学校、高校や特別支援学校を臨時休校するよう要請することを表明した影響と見られる。

 

新型コロナウイルスをめぐっては、鈴木紗理奈(42)と紗栄子(33)が、留学先の英国から帰国できなくなった子供に会いに出国。4人の子供を持つ辻希美(32)も、2月27日付けのブログで「春休みまでと言う事は…卒業式も無いのかなぁ? と言う不安…だとしたら2日からと言う事は明日で希空の小学校生活は最後…!?」と吐露するなど、ママタレたちも困惑しているようだ。

 

スザンヌの投稿には《最後かもしれない登園日。延期の延期でいいから卒園式してほしいですね》《今度子供さん卒園ですか? 大変ですね。早く終息してくれるといいですね》といったコメントが寄せられている。

関連カテゴリー: