蛍原徹が宮迫博之の番組出演否定 ソロ好調も揃わぬ足並み

雨上がり決死隊・蛍原徹(52)が3月15日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。“闇営業問題”の謹慎から明け、1月29日にYouTuberとして活動再開した相方・宮迫博之(49)について言及した。

 

共演のFUJIWARA・藤本敏史(49)と俳優・星田英利(48)から、今後のコンビ活動について問われた蛍原は「なにも決まっていない」と返答。さらに宮迫の動画番組へ出演する可能性についても「ない」と否定し、「ネットやYouTubeは見ない」と語った。

 

また藤本と星田は、宮迫が復帰当初に「蛍原の隣に戻りたい」と発言したことについて蛍原に訊ねた。すると蛍原は「やっぱり迷惑しかかけてないからな。なかなかやっぱり……」と言葉を詰まらせていた。

 

「宮迫さんは著名なYouTuberの協力を得て、対談や歌唱などバラエティ豊富な動画を配信中。今ではチャンネル登録者数も65万人を越え、新たなファンを獲得しています。いっぽう蛍原さんは、コンビで務めていたレギュラー番組への出演を継続中。宮迫さんのポジションを様々な芸人が務めていますが、蛍原さんは持ち前の巧みなトーク回しや謙虚さで重宝されています。ソロでの活躍が顕著になりつつあるので、一見するとコンビ間に温度差が感じられます」(芸能関係者)

 

宮迫は昨年7月20日、ロンドンブーツ1号2号・田村亮(48)と一連の“闇営業問題”について謝罪会見を開いた。そこで、蛍原について「今は僕から『コンビを続けてくれ』ということが言えません。蛍原さんの意見に従います」と語っていた。

 

「蛍原さんは現在に至るまで、今後のコンビ活動についてはっきり意向を示していません。ですが蛍原さんは、宮迫さんの騒動発覚後も『宮迫のおかげで今がある』と語っていました。宮迫さんがテレビ業界から復帰を認めてもらえるまで、“雨上がり決死隊”として粛々と孤軍奮闘を貫こうとしているのでしょう」(テレビ局関係者)

 

事実上、“ピン芸人”として互いに活動する宮迫と蛍原。2人の足並みが揃う日は訪れるのだろうか。

関連カテゴリー: