杏 東出の謝罪会見の陰で…育児と女優業で苦悩のダブルパンチ

東出昌大(32)が3月17日、都内で行われたイベントに参加。不倫騒動について謝罪した。

 

1月に唐田えりか(22)との不倫が報じられて以来、初めて公の場に登場した東出。各メディアによると「この度の件で、もっとも謝罪をしなければいけないのは妻です」「わたしの過ちで、妻や子供たちの幸せを奪ってしまった」などと語ったという。

 

会見で家族を慮った東出。しかし、言うまでもなく騒動の余波は妻・杏(33)にも及んでいる。

 

「2人の子供はモンテッソーリ教育を取り入れた保育園に通っています。それも杏さんが彼らの将来を思ってのことでした。子供達も気に入って友達もたくさんできたのですが、いっぽう杏さんはママ友たちの目が気になるのか保育園の送り迎えもままならない状況に。『子供たちには不自由な思いをさせたくないのに……』と彼女も苦悩しているようです」(芸能関係者)

 

さらに杏は夫のいない分、ワンオペ育児にも苦闘している。

 

「当初は1人でこなしてきた杏さんですが、『自分だけでは無理。手伝ってほしい』と事務所のスタッフらに頭を下げたそうです。もともと『育児は夫婦が協力して行うもの』と考える彼女ですから、相当な思いで決断したのでしょう」(前出・芸能関係者)

 

また家庭面だけでなく、杏は女優業でも打撃を受けている。幸せなママというイメージが、不倫騒動で一転したためだ。

 

「ホームドラマやコメディ作品に、オファーする側がどうしても躊躇してしまいます。杏さんは悪くないので悩ましいところですが……。そんななか杏さんは“働く女性”をテーマにしたCMが新たに決まったそうです。苦境に立つ彼女ですが、まずは『仕事面から前向きに』と決めたのかもしれません」(制作関係者)

 

自らにも大きな影響を与えた夫の不倫騒動。妻として、杏は東出の会見をどう見ただろうか。

関連カテゴリー: