米倉涼子の独立支える恋人 コメントにあった自分らしくの背景

「米倉さんがオスカープロモーションから独立することは、トップシークレット。社内の人にすら、ほとんど知らされていませんでした。しかし実は、昨年からすでに水面下で準備が進められていたそうです」(芸能関係者)

 

3月31日でオスカープロモーションから独立した米倉涼子(44)。4月からは個人事務所を設立し、マネージャーもつけずに活動していくという。退社に際し、彼女はこうコメントしている。

 

《右も左もわからない新人の頃から私を育てていただき、お仕事の機会を与えて下さり、ご指導を頂いたことに深く感謝いたしております。(中略)これから、自分らしく頑張っていきますので、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます》

 

27年間にわたって所属していた事務所からの、電撃独立。なぜ今のタイミングで米倉は退社したのか。その理由は、コメントのなかにある“自分らしく”という言葉に隠されていた――。

 

’92年、「全日本国民的美少女コンテスト」の審査員特別賞を受賞した米倉。翌年からモデルとしての活動をスタートし、’95年にはファッション誌『CanCam』の専属モデルに。’99年の「女優宣言」以降、『黒革の手帖』『ドクターX』『リーガルV』(すべてテレビ朝日系)などで次々と主役を好演。“視聴率女王”と呼ばれるようになっていった。

 

順風満帆に見えた女優生活。だがそれらはすべて、並々ならぬ努力によって手に入れたものだった。そして“視聴率女王”となった後も、悩みを抱えていたという。昨年8月22日、WEBマガジン「mi‐mollet」のインタビューでこう語っている。

 

《以前は先輩たちが数字を気にしていることに抵抗があって、主役も2番手も変わらないと思っていたんです。でも自分がいざその立場になってみたら、かかってくる重みやプレッシャーが全然違う》

 

人知れず、重圧と闘い続けていた米倉。それは、売れれば売れるほど大きくなっていった。そして彼女は、「自分らしく」生きることを選んだ。

 

その一つは、本誌がスクープしたアルゼンチン人ダンサー恋人との生活だろう。米倉の通う教室でタンゴ講師も務める恋人男性。本誌2月11日号では2人で仲よくスーパーで寄り添いながら買い物する姿や、男性が米倉宅に宿泊する現場などを伝えていた。

 

「アルゼンチンタンゴは男女が体を密着させ、支え合う。そのため、信頼関係が大事になってきます。米倉さんは1年以上前から教室に通っていますが、『ここでは女優ではなく、1人の女性として見てくれる』とうれしそうに言っていました。また恋人男性は遠いアルゼンチンの地から日本にやってきて、身一つで人生を切り開いています。『彼のようになりたい』と思ったことも、独立の決断を後押ししたのかもしれません」(前出・芸能関係者)

 

男性は故郷のブエノスアイレスへと一時帰国中だが、再び日本へ戻ってくる予定だという。

 

「米倉さんは『アルゼンチンタンゴをしているときは、飾らない自分でいられる』と言っていました。それくらい今の彼女にとって、彼との時間が大切なものになっているようです。一部では再婚も報じられていますが、今後は日本で彼といっしょに人生を歩んでいくのでしょう」(前出・芸能関係者)

 

「女性自身」2020年4月14日号 掲載

関連カテゴリー: