中居正広 弁当60万円分差し入れ!退所日に最後のサプライズ

「日本も世界中も大変な時期で、なんか、僕自身もどうしようかな~って。ご挨拶したいんだけども、ちょっと不謹慎かな? なんて思いながら。不謹慎だと認識しながら、判断させてもらいました」

 

3月31日をもって34年間にわたって在籍したジャニーズ事務所を退所した中居正広(47)。

 

“ジャニーズ在籍最後の日”となった31日午前中、事務所の公式サイトに黒いTシャツと帽子姿の中居の動画が初めてアップされた。新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、志村けんさん(享年70)の訃報で悲しみに暮れる日本の現状を気にかけながらも中居は続けた。

 

「みんな大変な思いをしている時期なので、本当、静かにと思ったんですけど。本当にお礼だけです。どうもありがとうございました。それじゃあ、また。じゃあね」

 

応援し続けてくれたファンへの感謝を口にし、挨拶を終えた。

 

2月21日に急きょ、退所会見を開いた中居だが、たった1人で前説から司会まで務めたユニークな会見は大きな話題となった。3月29日放送の『中居正広の【悲報】館』(日本テレビ系)では、会見の裏話を自ら「前の週なんかにロケハンみたいのして」と告白。照明の色を変えたことや、壇上のテーブルの位置を指示したりと、中居がセルフプロデュースしたことを語っていた。

 

じつは退所当日、中居は長らくお世話になった事務所に“サプライズ”を行っていた。

 

「中居さんは、事務所の社員やスタッフにこれまでの感謝を込めて、午前中のうちに約200人前のお弁当の差し入れをしたんです。しかも1人約3千円の高級焼き肉弁当など、数種類で総額約60万円という大盤振舞いでした。食事には『俺、1日千円しか使わない』と豪語し、『月の食費は5万円』と公言するほど倹約家で有名な中居さんだけに意外な贈り物と思われたようです」(音楽関係者)

 

この日、中居はジャニーズ最後の仕事となる、レギュラー番組の収録へ向かった。そして4月1日午前0時を回ると事務所の公式サイトから中居正広のコンテンツは消えていた。

 

新たなスタートを切った中居は自ら社長を務める個人事務所「のんびりなかい」のHPを開設。

 

「至ってシンプルなデザインで、写真も中居さんの目元のショットだけ。中居さんの出演情報とプロフィール程度の簡素なサイトです。事務所名のとおり、今後は“のんびりマイペースで”という宣言なんでしょうね」(テレビ局関係者)

 

自分を育ててくれた古巣に別れを告げた中居は、さらに大きく羽ばたく一歩を踏み出した――。

 

「女性自身」2020年4月21日号 掲載

関連カテゴリー: