海老蔵 襲名延期決断にあった苦渋…開催は来年5月案が有力か

4月7日、市川海老蔵(42)の『十三代目市川團十郎白猿襲名披露』が延期になったと松竹から発表された。

 

延期となるのは、5月から7月にかけて行われる予定だった歌舞伎座での襲名披露興行。もともと6月には長男・勸玄くん(7)による八代目市川新之助のお披露目も行われる予定もあり、親子同時襲名が話題になっていた。また7月には長女の麗禾ちゃん(8)が市川ぼたんとして、女性としては異例の歌舞伎座出演を果たすことになっていた。

 

家族総出の襲名披露興行。海老蔵がかける思いの裏には、妻・麻央さん(享年34)との約束があったという。

 

「麻央さんは、最後まで勸玄くんのことを考えていました。『そばにいてあげられない』と言って、勸玄くんの行く末を本当に心配していました。だからこそ、海老蔵さんは『俺が子供たちを育て上げる』と誓ったのです。海老蔵さんは勸玄くんとの親子同時襲名を成功させるべく、奔走してきました。それは、『息子は立派にやっているよ』と天国の妻に見せてあげたかったのだと思います」(芸能関係者)

 

実際に海老蔵は麻央さん亡き後も、彼女と始めた植樹イベント「ABMORI」を続けてきた。だが、このイベントも延期が決定。HPでは《9月の開催で調整していますが、新型コロナウイルス感染症の影響もあり、現在未確定となっております》と発表されている。

 

「当初は6月に行われる予定でしたが、新型コロナの影響で開催が危ぶまれるように。3月半ばには開催地である志賀高原の町長と打ち合わせを行う予定でしたが、それも流れてしまいました。それでも海老蔵さんは『絶対に今年もやりたい!』と熱望。その結果、9月に調整する方向で再び動くことになったそうです」(前出・芸能関係者)

 

だが妻との約束を胸に秘めるいっぽう、梨園のトップである團十郎としての責任も果たさなければならない。海老蔵はそのはざまで揺れていた。

 

「海老蔵さんは、とても悩んでいました。しかしこれから歌舞伎を引っ張っていく立場になるためにも、『襲名公演によって、観客や関係者から感染者を出すことは許されない。だから延期すべきだ!』と強く話したそうです」(別の梨園関係者)

 

そうして延期が決定した襲名披露興行。今後の予定について、梨園関係者はこう語る。

 

「歌舞伎座での公演を9月に行い、その後の予定も全体的にスライドさせるという案が浮上しています。しかし今度こそ、失敗は許されません。そのためすべての予定を1年ずらし、来年5月開催にすべきとの声が大きくなっています。現実的には、この案で決まるのではないでしょうか。現在もまだ話し合いは続いていますが、4月の中旬にも決定を下すことになりそうです」

 

「女性自身」2020年4月28日号 掲載

関連カテゴリー: