米倉涼子 左手薬指に指輪!独立で強まる外国人恋人の存在感
今年1月、アルゼンチン人の恋人と買い物する米倉。

緊急事態宣言が出されて1週間がたった4月中旬。都内の自宅からほど近い高級スーパーに、米倉涼子(44)の姿があった。その左手薬指には、ひときわ光るものが――。真っ白に輝くパールの指輪がはめられていたのだ。

 

3月いっぱいで27年間所属したオスカープロモーションとの契約を解除し、独立して個人事務所「Desafio」(デサフィオ)を立ち上げた米倉。その間、恋人であるアルゼンチン人ダンサーは、故郷ブエノスアイレスに一時帰国。新型コロナウイルスの影響による交通網の乱れのために自国で足止め状態になっていたのを、3月に本誌は報じている。

 

薬指に輝く指輪は恋人からのプレゼントだろうか。ファッション誌のライターによるとパールのジュエリーは最近人気が再燃しているという。

 

「米倉さんのはめている大ぶりのパールがゴロンと1つ付いたシンプルなデザインのものが、まさにトレンドです。左手薬指にはめるとなると、やはり男性からのプレゼントのケースが多いですよね」

 

遠く離れている間、お互いを忘れないための“約束の指輪”の可能性は高そうだ。

 

「最近では、映画『ラ・ラ・ランド』で知られる女優のエマ・ストーンが昨年末、婚約者から贈られたエンゲージリングが、パールであしらわれたものであったことが話題になりました。婚約指輪の定番といえばダイヤモンドですが、今後、パールの婚約指輪が流行するのではともいわれています」(前出・ファッション誌ライター)

 

もしや、米倉がはめているのも婚約指輪!? 本誌が米倉の個人事務所に問い合わせると、次のような回答だった。

 

「現在は独立したばかりですし、これからたくさんのお仕事に挑戦させていただきたく仕事に集中しており、結婚については考えておりません」

 

事務所はそのように“結婚”を否定したものの、この個人事務所の名前からして、恋人の存在感が伝わってくるのである。

 

「個人事務所の名前にはスペイン語で“私は挑戦する”という意味があることを、米倉さん自身がホームページで明かしています。恋人の母国アルゼンチンの公用語はスペイン語ですから、彼の影響を強く受けていることが社名からもわかります」(テレビ局関係者)

 

米倉は恋人と2人で、事務所の名前を決めたのかもしれない。さらにこんな話もある。

 

「新事務所の事業目的のなかに、《清涼飲料水、酒類等の輸出入及び販売》という表記があるそうなんです。恋人の故郷・アルゼンチンは、ワインの産地として有名で、リーズナブルな価格でおいしいと日本でもよく飲まれています。彼のツテで、アルゼンチンのワインを輸入販売することも視野に入れているのでは」(前出・芸能関係者)

 

自身の今後について、ホームページで《具体的には……笑 まだ内緒です……笑 ゆっくり探してゆきます。でも私らしく頑張ります!》と述べている米倉。

 

左手薬指のパールの指輪が、再出発の道を明るく照らしている――。

 

「女性自身」2020年5月5日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: