木村拓哉に続き斎藤工もインスタ開設、コロナ禍で進むSNS進出

俳優の斎藤工(38)が5月20日、公式Instagramを開設した。ファンからは《SNSデビュー待ってました》と歓喜するコメントが寄せられている。

 

斎藤は「斎藤工と申します SNSに疎いのですぐに居なくなるかも知れませんが個人的に散らばってるモノをココに集約出来たらと思います」と初投稿。同日よりYouTubeにて配信される自身主演の映像作品『8日で死んだ怪獣の12日の物語』のポスターを投稿し、「今日からカプセル怪獣の行方を見届けて頂けたら幸いです」とアピールした。

 

自身が出演する求人検索エンジン「Indeed」のCM企画を通しYouTubeで活動したことはあったが、公式で現在も更新されていたのはブログ「斎藤工務店」のみ。待望のインスタデビューに、ファンからは《待ち焦がれてました》《居なくならずにずっと続けてください》と喜びの声が上がっている。

 

コロナ禍でドラマやバラエティ番組の撮影やコンサートの中止がになり、芸能界も大打撃を受けている。ファンとのコミュニケーションを取る新しいツールとして、SNSを始める有名人も多いようだ。

 

4月7日には、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜(37)がInstagramアカウントを開設。“オンライン飲み会”を意識した生配信の“インスタライブ専用”をメインに女優・水川あさみ(36)、森矢カンナ(31)らと合同配信も行っている。

 

同月21日はロンドン留学を終えて芸能活動を再開したタレントのウエンツ瑛士(34)もInstagramデビュー。愛犬の写真や、自宅と思われる場所でリラックスする姿を公開している。

 

斎藤工がさっそくフォローしたのは、今月8日にInstagramを始めたばかりの俳優・木村拓哉(47)だ。木村もSNSアカウントは中国版Twitterの微博(ウェイボー)のみを開設していたが、「新型コロナウィルスの影響で自粛が続く中で、より皆さんと近い形でのコミュニケーションを国内外に取らせていただける場所として」とスタート。186万人以上のフォロワーを獲得するなど、大きな反響を呼んでいる。

 

4月期の連続ドラマが軒並み放送延期となり、エンタメ業界が苦境を迎える中で、自宅に居ながら情報発信ができるSNSは、有名人とファン双方にとって有益な空間になっている。

関連カテゴリー: