ジャニーズユニット「トニトニ」手洗いソングも音源化へ
「J-FRIENDS」に続きユニットに参加するKinKi Kids。 画像を見る

《ジャニーが残したこの最後のグループ名は、今このような状況だからこそできる事があるはずと想いを新たに、役回りは変わりましたが、Twenty★Twenty、ジャニーの集大成として社会貢献できればと思います》

 

こうコメントを出したのは、ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(38)だ。ジャニーズ総勢75人からなる期間限定ユニット「Twenty★Twenty(通称・トニトニ)」の結成を発表。亡きジャニー喜多川さん(享年87)の、最後の構想を実現させるかたちとなっている。

 

「そもそもは、今年の東京五輪に合わせて披露する新ユニットとして考えていたのがトニトニでした。しかし、昨年7月にジャニーさんが亡くなり、東京五輪も1年延期になってしまった。滝沢さんはコロナ禍で大変な状況のなかで世の中の力になりたい、という思いと、平和なくしてエンターテインメントは成立しないというジャニーさんの信念に基づき、形は変わりましたが、新たな支援活動ユニットとしてスタートさせたのです」(芸能関係者)

 

ジャニーズ事務所は、過去、阪神・淡路大震災の被災地復興支援プロジェクトとして’97年に「J-FRIENDS」というユニットを結成し、チャリティソングを制作したことがある。当時は、関西出身のメンバーがいるTOKIO、KinKi Kids、V6の3グループ13人が参加していた。

 

「今回は、滝沢さんが“有志”でとタレントたちに呼びかけました。フタを開けたら15組75人という大所帯となっていましたね」(音楽関係者)

 

次ページ >ミスチル桜井への曲提供依頼にあった滝沢副社長の“不安”

関連カテゴリー: