菊池桃子が出馬を否定する理由 仕事の幅と義父母の介護問題

《皆様、一部の出馬報道に関しましては、これまでも繰り返し否定して参りましたが、100%ございません。この憶測が関係各位に御迷惑をお掛けしている状況です。ご承知おきくださいませ》

 

6月23日、こうインスタグラムに綴ったのは女優の菊池桃子(52)。22日には所属事務所「パーフィットプロダクション」を退所し、独立を発表したばかりだ。さらにインスタグラムのストーリー機能を使って、「仕事の幅は、これ以上は広げません」「今までの活動を大切に仕上げる年齢だと考えています。応援してくださる皆さんを決して裏切りません」と宣言していた。

 

これまでも菊池は、都知事選への出馬を一部で報じられていた。しかし今年1月に放送された『菊池桃子のライオンミュージックサタデー』(文化放送)でも、「ライフプランとしてまったくありません」と一貫して否定。

 

現在はNHK連続テレビ小説『エール』への出演や、『人生の楽園』(テレビ朝日系)でレギュラーを務めている。また12年には大学院でキャリア形成論を研究し、修士号を取得。同年から母校で客員教授を務め、キャリア教育についての講演も幅広く行っているという。

 

女優と教育者であるいっぽう、1男1女の母親でもある菊池。彼女が教育者の道に進んだのは、家族を大切に思う気持ちからだったという。

 

「菊池さんの長女はハンディキャップがあるといいます。義務教育であっても、入学を受け入れてくれる学校を探すのに苦労したそうです。菊池さんはそういった経験から子供のキャリアを考え、勉強を始めたと明かしていました。彼女の講演会は実体験のエピソードも盛り込まれ、受講者から『内容がしっかりしている』と好評。菊池さんは自分と同じように悩みを抱いている人々のためにも、積み重ねてきた知識や経験を広げていこうとしているのではないでしょうか」(芸能関係者)

 

活動面は充実している菊池だが、「仕事の幅を広げない」という固い決意には他にも理由があるようだ。

 

菊池は19年11月、経済産業省の経済産業政策局長・新原浩朗氏(60)との再婚を発表。だが新原氏は、新型コロナウイルスで打撃を受けた日本経済のために激務に追われているという。

 

「結婚後も別居が続いていましたが、多忙な新原さんを菊池さんがしっかり支えているようです。彼女はコロナ禍でも夫の実家を訪れ、骨折してしまった義母の介添えや家事の手伝いをしていましたよ」(新原氏の近隣住民)

 

新原氏は今年4月、義母の介護も手伝う菊池について本誌にこう語っていた。

 

「彼女は結婚前から私の両親をいろいろ気遣ってくれていたんです。両親も彼女をとても頼りにしています。彼女も忙しいのに私の親の面倒まで見てくれて、本当に妻には感謝しています」

 

“内助の功”として家族を支えている菊池。今後もマイペースに活動していくのだろうーー。

関連カテゴリー:
関連タグ: