直前にも番組収録…三浦春馬さん死去にJUJUの深い悲しみ
画像を見る

JUJUが7月21日に配信ライブを開催した。「世界はほしいモノにあふれてる(以下、せかほし)」(NHK総合)で共にMCを務めていた三浦春馬さん(享年30)の訃報が伝えられたばかりの彼女。デイリースポーツによると声を震わせながら番組のテーマ曲を歌った後、こらえきれず後ろを向いて叫んだ。そして声を詰まらせ、悲しみを抑えるように番組の思い出を語ったという。

 

「せかほし」での掛け合いが評判だったJUJUと三浦さん。SNSでもたびたび仲睦まじい姿を見せており、昨年の大晦日には三浦さんがInstagramでツーショットを披露。そこには《好奇心をいつも育ててくれるjujuさんとの番組も来年も続きます!! 来年も様々な形で皆様にインスピレーションを届けていきます!!》とつづられていた。

 

「『せかほし』でJUJUさんは初めてMCに挑戦することとなったため、三浦さんの存在は心強かったそうです。交友関係はあまり広くないという彼女ですが、三浦さんとの交流を楽しんでいました。三浦さんが亡くなる直前にも番組収録があったようです」(音楽関係者)

 

JUJUはかつて、信頼していたパートナーを失っていた。

 

「13年12月、JUJUさんの活動に深く携わっていた音楽プロデューサーが急逝しました。JUJUさんデビューのキッカケを作ったのも彼です。プライベートでも交流があり、JUJUさんは公私共に信頼していました。それほど大切な存在を再び、それも突然失うとは……。その心痛は計り知れません」(前出・音楽関係者)

 

それでもステージに立ち、歌い切ったJUJU。そんな彼女に、ネットではエールが相次いでいる。

 

《ステージに立った彼女はさすがプロ。何より届けたい人がいたからでしょう》
《辛かっただろうけど、きっと三浦春馬くんにも届いたね》
《JUJUさんには頑張って乗り越えて欲しい》

 

各メディアによると、「せかほし」は三浦さんが最後に参加した3回分を今月から来月にかけて放送する。また番組自体はMCを代替するなどし、継続する方針だという。

関連カテゴリー:
関連タグ: