三浦翔平「W三浦でバディを」叶わなかった春馬さんとの夢
画像を見る

三浦翔平(32)が7月25日、三浦春馬さん(享年30)への追悼メッセージを公開した。

 

Instagramに春馬さんが笑顔を見せる写真をアップした翔平。《君の死を受け入れるのは、まだまだ時間がかかる》《少しずつ、一歩ずつ、受け入れる様に頑張るから》とつづり、《春馬。大好きだよ。どうか安らかに》と結んでいる。

 

08年4月のドラマ「ごくせん」(日本テレビ系)や09年7月の映画「ごくせん THE MOVIE」での共演以来、親交を深めてきた2人。いっぽう、近年は作品を共にすることはなかった。

 

そんななか、今年9月期のドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり(以下・カネ恋)」(TBS系)では揃って出演者リストにクレジット。同作は、2人にとって約11年ぶりの共演作だった。

 

「春馬さんがInstagramを開設してすぐに翔平さんの写真をアップするなど、その仲は広く知られていました。さらに昨年9月に2人がサーフィンへ行ったとそれぞれのSNSで明かしたところ、大きな反響が。2人はたびたび『また共演したいね』と話していたそうで、『カネ恋』での共演はファンだけでなく本人たちにとっても念願のものでした。

 

また翔平さんは“ダブル三浦”として『いつかバディ役を組みたい』と語るなど、春馬さんとの夢を思い描いていたそうです」(テレビ局関係者)

 

「カネ恋」は待望の共演作だったが、その撮影中に春馬さんの訃報ーー。ネットでは、翔平の心痛を慮る声が上がっている。

 

《春馬くんへの想いが綴られてて春馬くんの笑顔があって もう悲しくて苦しくなる》
《どんなにつらい想いで言葉を綴ったんだろう》
《春馬くん、これからも翔平くんのこと、空からずっと見守っててね》

関連カテゴリー: