三浦春馬さん死去に継父は憔悴「なんと声をかけていいのか……」

三浦春馬さん(享年30)と中学生のころから交流があった「茨城元気計画」代表の卯都木睦さん(53)は、初主演映画『キャッチ ア ウェーブ』で、彼にサーフィンを指導した人物だ。

 

「母親が運転する車で僕のところにやってきたのが、まだ中学3年生だった春馬です。『撮影が始まるまでの3カ月で、一人前のサーファーになりたい』と言ってね。『本気か?』と聞いたら、『本気です』と……。僕も、ほかにも俳優を少し知っているけど、こんなコは初めてでした。

 

その特訓後も、プライベートでの付き合いが続きました。10年前ぐらいに『俳優を辞めたい』と、言っていたこともあったけど、一時期の迷いだったみたいで、その後はそんなことは言わなくなったしね。最後に会ったのは昨年12月でしたが、何一つふだんと変わった様子はありませんでした。

 

ご両親との仲も良かったですよ。お母さんはよくマイカーで春馬を送り迎えしていましたし、お父さんも人当たりの良い方でした」

 

三浦さんの両親は幼少期に離婚している。その後、小学生のころに実母が再婚し、継父Aさんもいっしょに暮らすようになった。さらに実母は7年ほど前に継父とも離婚したというが、三浦さんとAさんの関係は変わらず良好だったという。

 

継父Aさんは数件の飲食店を経営しているが、その仕事仲間は言う。

 

「私もAさんと仕事をするようになって長いですから、子供のころの春馬くんとゲームをして遊んだこともあります。彼が(高校に入って)東京で暮らすようになってからも、地元に帰ってきたときには、会ったりもしましたからね。今回の訃報を聞いて、やりきれない気持ちになりました。

 

Aさんは訃報を知って、かなり落ち込んでいます。一時期とはいえ何年も彼の父親だったわけですからね。事件後にAさんから「君にも心配かけてしまって申し訳ない』と、連絡がありましたが、なんと声をかけていいのかわかりませんでした」

 

「女性自身」2020年8月11日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: