コンフィデンスマンJP脚本白紙に 竹内さんも中心の物語だった
画像を見る

9月27日にこの世を去った竹内結子さん(享年40)。どの共演者からも愛された竹内さんだったが、劇場版『コンフィデンスマンJP』で2度共演した長澤まさみ(33)は特に強い愛を抱いていた。

 

「03年公開の映画『黄泉がえり』が2人の初共演。すでに女優としてブレイクしていた竹内さんは、まだ駆け出しだった長澤さんに現場で優しく接していたそうです。以来、長澤さんが最も敬愛する先輩の一人に。

 

『コンフィデンスマンJP』が映画化されるにあたり、竹内さんとの共演を熱望したのも長澤さんだったそうです」(芸能関係者)

 

今年7月に出演したラジオ番組で、長澤はリスナーからの質問に答えるかたちで、竹内さんへの愛を打ち明けていた。

 

《全然関係ないけど、竹内結子さんのことは大好き。竹内結子さん、ずっと見てたい》

 

竹内さんもその後行われたインタビュー取材で長澤の“告白”にこう応答している。

 

《わー、うれしい。残念ながら今回は一緒に撮影する期間が短かったんですよね……。私も海外ロケに参加したかった!(笑)》

 

8月に製作が発表された映画第3弾『英雄編』にも竹内さんは出演する予定だったという。

 

「第3弾の撮影はもう決まっており、コロナ禍もあってロケ地を海外、国内どちらにするか調整が進んでいました。またストーリーはもともと、三浦春馬さん(享年30)演じるジェシーと竹内さんのスタア、そしてダー子の3人の過去を中心にする予定だったと聞いています」(映画関係者)

 

しかし、三浦さんと竹内さんの急逝によって大幅な変更が余儀なくされているようだ。

 

「メインキャストに考えていた三浦さんと竹内さんが亡くなったことで、脚本は完全な白紙状態になったそうです。予定していた来年3月のクランクインは困難で、配役変更などの協議に追われています」(前出・映画関係者)

 

「女性自身」2020年10月20日号 掲載

関連カテゴリー: