浅田真央選んだ瀧川鯉斗に不安の声 交際女性の存在語っていた
画像を見る

プロフィギュアスケーターの浅田真央(30)が10月7日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に出演。9月25日に誕生日を迎えたばかりの浅田は、番組企画のお見合いに挑んだ。その結果に反響が広がっている。

 

「家族を持つのが夢」と語った浅田は、30歳の節目として「自分にどんな男性が合うのか聞いてみたい」とコメント。いっぽうで結婚相手に求める条件として、「(1)イケメン(2)優しい(3)面白い(4)身長180センチ以上」を挙げた。

 

さらに恋愛経験において「フラれたことはないが、フったことはある」とも告白した浅田。これまでも異性との親密な様子が報じられたこともあったが、今回の番組が用意したお見合い相手は元暴走族総長の落語家・瀧川鯉斗(36)、看護師・辻悠太郎氏(33)、EXIT・りんたろー。(34)だった。

 

実は、以前からマネージャーに瀧川を勧められていたという浅田。ほかの候補者たちのアピールを聞くものの、選んだのはやはり瀧川だった。理由を問われると、顔を赤らめながら「顔がタイプ」と嬉しそうに告白した。

 

最終的に瀧川と食事に行く流れになり、連絡先も交換した浅田。だが、番組を見た視聴者からは不安の声も上がっているという。

 

「瀧川さんは今年7月31日に出演した『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、一般人の恋人がいることを明かしていたのです。しかし共演者から『愛しているの?』と問われると、消極的な態度で『愛していますけど、もっといい女性がいれば……』と漏らしていました。

 

浅田さんとの共演で、彼は“食事に行くことや手をつなぐことは浮気にならない”とも発言していました。そのような背景もあり、浅田さんのことを心配になった視聴者もいたようです」(テレビ誌記者)

 

昨年10月に出演したテレビ番組で、「けっこう用心深いので、なんかパッと会った人に『この人かな?』とは思わないんですよね」と結婚観を明かしていた浅田。果たして、お見合いの行方は――。

関連カテゴリー: