吉永小百合映画の厳格コロナ対策 異例の頻度でPCR検査実施

女優の広瀬すず(22)が新型コロナウイルスに感染したことを10月6日、所属事務所が発表した。

 

事務所によると同日に撮影参加者の集団検査で新型コロナウイルス感染症のPCR検査を行ったところ、結果は陽性。本人には体調の異常や症状は出ていないという。

 

各紙によると、作品は女優の吉永小百合(75)主演で2021年公開の映画「いのちの停車場」。先月4日のクランクイン前には全スタッフとキャストがPCR検査を受けて撮影に臨み、定期的に集団検査も実施。

 

また同日の検査では、広瀬以外に感染者はいなかったという。

 

「同作には広瀬さんのほか、松坂桃李さん(31)、小池栄子さん(39)、柳葉敏郎さん(59)、石田ゆり子さん(51)、西田敏行さん(72)ら豪華キャストが集結しています。また吉永さんに感染したら一大事だと、他の撮影現場では例をみないほど異例の頻度でPCR検査を行うことになりました。

 

当初は『製作費が限られているのに、検査代がかさんでしまった』といった声もありましたが、おかげで早々に発見できたともいえるでしょう」(映画関係者)

 

また同作といえば、出演していた伊勢谷友介被告(44)が大麻取締法違反容疑で9月8日に逮捕されたことでも話題となった。伊勢谷被告はその後に起訴されたが、すでに撮影を終えた出演シーンはカットすることなく公開するという。

 

逮捕3日後には同作の撮影現場会見が都内で行われ、吉永が伊勢谷被告について言及。「こういうことを乗り越えて、また、撮影の現場に帰ってきてほしいと今は思います」とエールを送っていた。

 

同日は各メディアが取材に訪れたが、そこでも万全な感染対策が敷かれていたという。

 

「会見は昼すぎからでしたが、集合時間はその数時間前。そんなに早く集まったのは記者、カメラマン、テレビクルー全員にPCR検査を実施するためでした。そのときは全員陰性となったため、平穏に会見が行われました。あまりの感染対策の徹底ぶりに、記者からも驚きの声が上がっていました」(情報番組スタッフ)

関連カテゴリー: