「会社たたむから」マツコ事務所がいきなりリストラの波紋

「レギュラー番組の突然の卒業や、“芸能界引退発言”などで、注目を集めているマツコ・デラックスさん(47)ですが、実は所属事務所のほうでも異変が生じているのです」

 

9月16日、マツコが10年間レギュラー出演していた『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)を突然卒業し、世間を驚かせた。そんななか所属事務所の異変を明かすのは、プロダクション関係者だ。

 

「Aさんはマツコさんにとって芸能界の育ての親で、恩人というべき存在です。さらに2年前の’18年には、有働由美子アナ(51)が同事務所に所属するようになりました。業界では比較的小規模な事務所ですが、ウィキペディアにも《収益は大手の事務所に匹敵すると言われている》と、記載されているほどです」

 

ところがこの夏、A社長が突然リストラに着手したのだという。

 

「社員たちに対して、『これからは正社員という立場ではなく、業務委託契約で働いてほしい』と、伝えたそうです。その理由としては『近い将来、この会社もたたむつもりだから』と……。

 

社員たちからすれば、正社員でなくなれば福利厚生なども受けられなくなってしまいますからね。彼らも寝耳に水の話でかなり驚き、その直後にマツコさんのマネージャーを務めていた男性も事務所を退職してしまったと聞いています」

 

マネージャーも退職したとなると、マツコにとっても由々しき事態だ。マツコの明かした引退願望と、恩人社長によるリストラは何らかの関係があるのだろうか?本誌は電話でA社長に取材を申し込んだ。

 

――最近、御社でリストラを行ったと聞いていますが、事実でしょうか?

 

「正社員からフリーになってもらうよう、この9月に彼らとの契約を改めたのはそのとおりです」

 

A社長の口調はどこか淡々としていた。続けてリストラに踏み切った理由を次のように明かした。

 

「新型コロナウイルスのせいで、事務所の経営も難しくなっているのです。タレントたちの仕事も激減しているのはウチも、よその芸能事務所と同じです。私自身もフリーで(芸能界の)マネジメントを長くやってきました。この事務所のタレントも若い人は少ないです。

 

だからこの機会に、それぞれが自分でタレントを見つけてそのマネージャーをやるなど、この業界で生きていく覚悟を持ってほしい、ということです。個人事業主としての自覚をもって、仕事をやっていきましょうと、契約更改のときに伝えています」

 

――マツコさんのマネージャーは退職してしまったそうですが?

 

「確かに若手の1人はやめましたが、それは契約更改のためではなく、おもに個人的理由のためだと思います」

 

社長自身も「会社をたたむ」と、語っていたというが、その真意は……。

 

「私自身、10年後もいまのように元気に働いているかと問われれば自信がありません。それだけにスタッフたちにも私を頼るばかりではなく、自分で仕事を開拓していってほしい。それにタレントたちにも、“自分の今後”をどうするか考えながら、この不景気になった芸能界を歩んでいってもらいたいと思っています」

 

「女性自身」2020年10月27日号 掲載

関連カテゴリー: