新垣結衣が空気清浄器100人分!異例だらけの逃げ恥SP現場
『逃げ恥』撮影中の新垣。

「4年ぶりの続編ですから、新垣さんも“ちゃんとみくりに戻れるか”と、最初は少し緊張していたようです。でもいざ始まると、心配は無用でしたね」(ドラマ関係者)

 

来年1月に放送が決定している、新垣結衣(32)主演の大人気ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のスペシャル版。’16年10月期に放送され、最終回では20.8%の高視聴率を記録しているだけに、待望の続編にファンは大喜びだ。

 

「今回も星野源さん(39)の楽曲『恋』がドラマを盛り上げてくれますから、ファンにはたまらないはず。TBSは『半沢直樹』や『わたしの家政夫ナギサさん』が大ヒットした勢いもあって、いま、局内はイケイケムードです。来年もお正月から『逃げ恥』でスタートダッシュをかけようと気合が入っています」(TBS関係者)

 

本誌は先週号で、その撮影現場の様子を伝えているが、またもや新たな撮影現場に遭遇。そこには……ガッキーの姿が! 新垣が現れたのは、横浜にある大手ベビー用品店。傍らには夫・津崎平匡役の星野の姿も見えた。

 

新型コロナウイルスの感染対策のためだろう、撮影の合間にはお互い距離をとって雑談もせず、静かに監督の指示を聞いている様子だったが、いざ本番の撮影が始まると……。店内を歩き回り、商品をうれしそうに眺める2人の姿は、「みくりと平匡さんが帰ってきた」と興奮せずにはいられないものだった!

 

「続編は、“妊娠”や“産休”などのテーマが描かれている原作の10巻、11巻をもとにした内容。連ドラ最終回の2年後から物語が始まります」(前出・ドラマ関係者)

 

実は今回のスペシャルは急に決まったと、ある芸能関係者。

 

「出演者に『逃げ恥スペシャルが決まった』との連絡があったのは9月の頭です。そして10月1日にクランクインとなりました。通常、ドラマの出演は撮影開始の2~3カ月前に決まりますから、今回は超異例のスケジュール。撮影開始時点で台本がまだ完成していなかったほどで、10月6日になってようやく完成したと聞いています」

 

そんなバタバタのスケジュールのなかでも、スタッフや出演者がほぼ前回と変わらないこともあって、撮影は初日からスムーズにいい雰囲気で進んでいるという。さらに、久々の再会を祝したガッキーからの差し入れも、現場の士気を高めているとか。

 

「現在ドラマの現場では、感染拡大防止のため、食べ物の差し入れは禁止されています。そこで新垣さんはカード型の携帯用空気清浄器を出演者やスタッフ100人分プレゼントしてくれたんです! その心遣いに一同感激しています。さっそく首からかけて撮影に挑んでいますよ」(別のドラマ関係者)

 

「女性自身」2020年10月27日号 掲載

関連カテゴリー:
関連タグ: