MISIA 落馬重傷でTBSに批判殺到「他人事」「危機管理最悪」

11月15日に行われた『news23』(TBS系)の番組取材で、乗馬シーンの収録中に落馬したMISIA(42)。翌日に医師の診断を受けた結果、「胸椎棘突起(きょうついきょくとっき)部」の骨折により全治6週間の診断を受けたと発表された。

 

重症を負ってしまったMISIAだが、TBSの取った対応が「他人事」と物議を醸している。

 

各メディアによると同番組は、MISIAが知的障がいのある選手たちと乗馬しながら交流する姿を撮影していたとのこと。MISIAの騎乗する馬が突如スピードをあげたため、落馬。ところが、その後も取材を続行したというのだ。

 

トレーナーからは、「馬がスタッフたちの動きや機材に反応した」との指摘もあったと報じられている。

 

アクシデントに対して、TBSは「取材中に怪我をされたことについて、MISIAさんに心よりお見舞い申し上げます」とコメントを発表。

 

続けて「当該の馬は調教されており、乗馬している人がコントロールできる状態にあったとのことでしたが、MISIAさんが怪我をされることになってしまいました」と説明。また「取材クルーの動作や機材の存在が刺激を与えることになったのであれば、誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます」と締め括られている。

 

だが「馬は調教されており」「コントロールできる状態にあった」「刺激を与えることになったのであれば」といった同局のコメントに、批判が殺到している。

 

《え? 何? このTBS側のコメント まるで他人事じゃん!? それに落馬した時点で普通は直ぐに病院に連れてくよね? TBSの危機管理最悪だな》
《TBSのコメントが酷いわ…『であれば』って何それ。。。》
《まるで、MISIA、調教師さん側の不備があったような文面には違和感を覚えますし不愉快です。悲しいです》

 

現在は痛みがひどく、絶対安静とも報じられているMISIA。12月5日、6日に神戸・大阪で予定されていたクリスマス・チャリティー・ライヴは中止となった。

 

さらに全治6週間は、16日に出場が発表された『第71回NHK紅白歌合戦』の4日前にあたる。公式サイトでは、今後について「医師の判断を受けながら、慎重に協議をしてゆく所存です」とつづられている。

 

そんな中、ネット上では紅白出場も不安視されるMISIAへ《治療に専念して》《無理しないで》と慮る声が広がっている。

関連カテゴリー:
関連タグ: