キートン山田が引退へ…声優業を支えた32歳年下妻との出会い
画像を見る

「2021年3月末日を持ちまして、キートン山田が引退することとなりました。今まで応援してくださった皆さま、関係者の皆さま、本当にありがとうございました。キートン山田の人生は後半へ続く…。」

 

12月5日、所属事務所の公式サイトでこう引退を発表したキートン山田(75)。90年にスタートした人気アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)の初代ナレーションを務め、21年3月28日予定の放送を最後に卒業するという。

 

ネットでは《寂しすぎます》《勇退なら仕方ないですね》など、長年の活躍を労う声が広がっている。声優界の重鎮である山田だが、「ちびまる子ちゃん」にたどり着くまで苦労を重ねてきたという。

 

「北海道から上京した山田さんは、アルバイトをしながら劇団に所属していました。声優の道に進んだのは、アルバイト先のお客さんから声優専門プロダクションにスカウトされたことがきっかけ。先輩たちを模倣してスキルを学び、30歳にしてようやく『一休さん』の将軍さま役で初レギュラーに起用されたのです。ですが、徐々にアニメブームは下火に。仕事が減ってしまい、困っている時に『ちびまる子ちゃん』に出会ったと明かしていました」(テレビ局関係者)

 

最近では、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)や『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)といったバラエティ番組でもナレーターとして活躍する山田。そんな彼のナレーションは、“のんびりとした口調”が特徴的だ。

 

「38歳で改名してから、ナレーションの仕事をするようになったといいます。それを機に『自分らしさ』を出そうと、試行錯誤したそうです。キートンさんは時間などの制約があるなかで、“間”や言葉選びにとてもこだわっています。『ちびまる子ちゃん』の『後半へ続く』といった名セリフも、アドリブから生まれたと聞きました。ですが、“この喋り方が正しい”と決めつけないのがキートンさん。“どんな喋り方でも個性のひとつ”と捉えているそうです。そういった柔軟さは、後輩からも慕われていますよ」(制作関係者)

 

いっぽう、プライベートでは06年に32歳年下の女性と結婚。夫婦となって10年以上経つが、妻の存在は大きな活力となっているようだ。

 

「もともと離婚歴のあるキートンさんは、独り身に寂しさを感じていたといいます。そんな時に出会ったのが今のご夫人。キートンさんが講師を務める声優学校に、生徒として通っていたそうです。明るく素直な彼女にキートンさんがアタックし、交際からおよそ7カ月でゴールイン。お互いに複雑な家庭環境で過ごしたことから、人生観が似ているとも語っていました。世代が違うからこそ、『毎日が新鮮』と楽しんでいるようです。家庭円満だからこそ、仕事も長年続けられたのでしょう」(スポーツ紙記者)

 

多くのファンに愛された山田。きっと、有終の美を飾ってくれることだろうーー。

関連カテゴリー: